Vapor Trails

- Aviation Photolog -


In 11 2011

26
Category: その他もろもろ   Tags: ---

Old Days

自分の父親は随分前に亡くなっていますが、かなり長い間、アホみたいに飛行機写真を撮ってました。
たまに実家に帰った時にゴソゴソと漁るんですが、厚木や横田、嘉手納で撮った写真がたくさん出てきます。
ポジもネガもプリントも膨大な量があって、ぶっちゃけこりゃどうしたもんかなぁと…時々考えちゃいます。
自分が写真を撮らなくなってからは誰も管理していなかったので、大半は状態が良くないんですけどね。

母親からも写真の整理を頼まれているので、これから状態の良いモノを少しずつ選別していこうかなと。
あんまり多かったら航空ファン編集部御中で送りつけちゃおうかなぁ…なんて考えてるんですがね(笑)

で、ちょうど手元に安いフィルムスキャナーがあったので、手元にあったポジをスキャンしてみました。
状態があまり良くない上にスキャナーも大したものではないので、なんともパっとしませんが…。
キズもかなり目に付いたので、CNX2で除去して少しだけキレイにしてみました。

VF-2のF-14A。1976年入間国際航空宇宙ショーにて。この時の記憶は自分もかなり鮮明にあります。
ちょうど空自F-X選定の真っ最中の頃で、F-14AとTF-15Aが売り込み合戦のデモフライトを実施しました。
今の入間からは考えられないことですが、当時はこんな感じで楽しかったですよ。AV-8Aも派手にデモりましたし。
初めて見たF-14とF-15のデモフライトはとんでもないインパクトでしたよ。なんだこりゃ?!みたいな感じで。
フライトはF-15のほうがインパクトありましたね。自分は日本にはF-15が最適だと思っていたせいもありますけど。
単にカタチが云々という話ならF-14のほうが魅力的だとは思ってましたが、「空自の要撃戦闘機」ならF-15でしょと。
ちなみにインテークの横に集まっているオヂサン達はグラマンの方々。
111126_04.jpg 
ハチロクブルー。これもたぶん同じく'76年の入間ではないかなと。
当時お子ちゃまだった自分は、ハチロクブルーのド迫力のタキシングを見て緊張で手に汗握ってましたね。
ハチロクはかなり老朽化していたので、子供ながらにそういう面でちょっと心配していたところもあったんですよ。ええ。
まぁ、彼らは豪快にブっ飛んでましたが(笑) 後方からの進入で頭上通過する時なんかあまりの轟音で身体がすくんじゃって。
とにかく高度が低かったので音だけでそりゃもう凄かった。まぁ、いわゆる「良い時代」だったんでしょうね。
でもね、T-4ブルーだって凄いですよ。もちろんハチロクとは違いますが、それは環境の違いを考えれば当然のことで。
111126_01.jpg 
厚木にて。19エンドですかね。F-4N、VF-161のバイセン。今でもVF-161と151のF-4は大好きですよ。
当時自分は8歳。父親に連れられて二人で厚木に通っていたので、CVW-5のバイセンバードはよく覚えています。
オヤジの戯言かもしれませんが、こういうのを見ちゃってると今のロービジは…ってな感じにはなっちゃうんですよね。
昔の空母航空団は機種も多かったので、そういう面でも楽しめましたし。今や殆どがスーパーホー…勘弁してくれ(笑)
111126_02.jpg 
デイトンのゴブリン。後ろに母機のB-36がチラっと。たぶん今でもここで保管/展示されていると思います。
いつか自分も見に行きたいとは思いますよ。やっぱり米国本土は展示機種の多さがハンパじゃないですからね。
しかし…あの人はいつオハイオに行ったのかな?と。仕事で米国にはよく行っていたので、ついでに寄ったのか?
あの国は「ちょっとついでに寄ってくか」的な感覚で動けるような面積じゃないとは思うんですがね(笑)
たぶん仕事の合間の休日にでも無理して行ったんでしょう。なにせ真性の飛行機バカでしたから。
111126_03.jpg 

こうして古ぼけた写真を眺めていたら、父親と二人で過ごした子供の頃のことを思い出して感傷的になっちゃいましたよ。
あの頃の厚木の空気感。鳥のさえずりを聞きながらのんびり日向ぼっこ。陽炎の向こうにはガルグレーのファントム…。

でも、考えてみたら今だって飛行機を見ると当時と同じ。子供みたいに興奮しちゃうんですよね(笑)

時代は変われど、やっぱり飛行機ってのはイイですね。



テーマ 航空機    ジャンル 写真


23
Category: その他もろもろ   Tags: Nikon_F2  

D800?

久しぶりに Nikon Rumors を覗いたらD800ネタがアップされていました。
もちろん真偽のほどはわかりませんが前後面の画像も。

D700よりも小型軽量、36MPセンサーでAFはD3/D700と共通とか。

D300S後継機はAPS-Cで、デザインもあんまり変にいじくり回さず正常進化版でお願いしたいものです。


…書くことが無いので、とりあえずこんなところで。


(文章とは全く無関係です)
111123_01.jpg 



s
rövidítés dél
言語を検出 » Hungarian

テーマ ★カメラ&レンズ・機材    ジャンル 写真


19
Category: カメラ&レンズ   Tags: D300S  

D300S ちょこっとモディファイ

今朝は早い時間からなにやら轟音が…しかし悪天候で機影は全く見えず。
C-1じゃないしやけに低いなぁ…ん?およよ?コレEA-6Bじゃね?帰ってきたのか?と思ってレシーバーをON。
マンション街なので受信環境はかなり悪いですが、一応ベランダにアンテナ立ててあるので厚木も多少なら入りますからね。
感度が悪い中でコーヒー飲みながらしばらく聴いていたら、なにやら聞き覚えのある声がゴニョゴニョと(笑)

どうやら今日がフライインだったようです。やっと帰ってきました。
東周りが多かったんでしょうか。ウチは新横浜に近いんですが、上空をバンバン通過していきましたよ。横田へダイバートした機もあったみたいですが。
しかしこの天気じゃ写真的にはどうにもならないですよね。肉眼で見るには面白かったでしょうけど。


で、またD300Sの小ネタ。自分好みの外観に仕上げる簡単モディファイです。

D300Sのデザイン自体はとっても気に入っています。堅すぎず柔らかすぎず絶妙なバランスで。
ただ唯一気に入らなかった箇所、角型接眼ゴムを丸型アイカップにチェンジ。

純正部品のDK-22、DK-3、FAアイピースを組み合わせるだけ。お手軽です。
111120_01.jpg 
「ニコンはやっぱ丸でしょ」と自分は思うわけですが、そうは思わない人ももちろんいるわけで。
D90で初めて一眼レフを手にして写真を始めた友人がいますが、彼は「丸はカッコ悪い」なんて言ってましたからねぇ(笑)
D300系はターゲットとなるユーザー層がかなり広かったはずなので、デフォルトでは角型のほうが無難だったんだろうなとは思いますけど。
自分はF2で慣れ親しんだ丸のほうが断然カッコいいと思っているのでこのプチモディファイには大満足でありますよ。

液晶モニターの視認性が若干スポイルされてしまいますが、実用上は問題ナシ。
111120_02.jpg 


以上、どうでもいい小ネタでした。



s
rövidítés dél
言語を検出 » Hungarian

テーマ ★カメラ&レンズ・機材    ジャンル 写真


19
Category: カメラ&レンズ   Tags: D300S  

D300SのAFロックオン

いまにも後継機が発表されそうな「D300S」について。今更感しかない素人的なネタであるのは承知の上で…。

D300SのAF精度はそれなりに高いはずだと思いつつ、今までいまひとつ納得出来ていなかったのが正直なところです。
言うまでもなくサンヨンはVRレスなレンズなわけで、それ故に自分の技量不足からくるブレは致し方ないところではありますが。
まぁ、自分も一応はブレとピンボケの区別ぐらいは付くので(笑)、まずはAF精度だけでも出来る限り出せるようにしたいなと。

で、AFでピンが甘くておかしいと思うのは明らかに自分の使い方が悪いからであって、カメラのポテンシャルはもっと高いはずだよな~って。
D300Sは発売後それなりの年数が経過してはいるものの、ギリギリ「今時のカメラ」と言っても差し支えない部類だとも思いますしね。
しかも最強の(と勝手に思ってる)51点AFユニットだし、こんなに甘いはずないじゃん、とは思ってましたよ。クロス云々はとりあえず置いといて。
別にマゾヒスティックになんでもかんでも「全部自分が悪いんだ」となる必要もないですが、最初に道具に原因を求めるのもねぇ。

自分は割と機械とかテクノロジーみたいなモノを信頼したい類の人間なので、なにかにつけそう思う傾向はありますが。
言うまでもなく万能ではありませんが、今時のテクノロジーってのは大半のユーザーが思っている以上に凄いモノだとは思いますね。
日本の頭脳明晰な技術者が試行錯誤して頑張って開発してるモノですから。使い方が悪いケースのほうがかなり多いのではないかなと…。
ユーザーインターフェースがどうたらこうたらというのは、これまた微妙に違ったお話になるとも思いますけども。
まぁ…そういうモロモロも含めた総合性能がまだまだ発展途上なんだと言ってしまえば、それもまた事実かもしれませんが。

でも自分はアシストに関してはもうお腹いっぱい。もういいや。現時点でのAFと手ブレ補正の水準で不満無いし…。
新機種にしても、D300Sに16~18MPの新しいセンサー載っけてちょちょいとチューンしたD300Xでじゅうぶん(笑)
D300/D300Sのユーザーって案外そういう人多いんじゃないかとも思うんですけどねぇ。作りもしっかりしてて使い易いですから。
自分は画質面での若干の物足りなさ以外には概ね満足してますよ。いいカメラです。

…それはひとまず置いといてと。

改めてコソコソ調べたり試したりしてみたところ、どうもAFロックオンの設定によってかなりの変化が出そうだぞと。
もちろんこの機能については以前から認識はしていて、今までは「強め」設定で使っていたわけでありました。
普段撮る場所でどうしても周辺に木立やらなんやらが多い場所があって、その関係での設定だったんですがね。
親指AFも今まで何度か試してはみたんですが、手が小さいせいもあるのか何回やってみてもいまひとつ馴染めなくて。
なので、ひとまず半押しAFを使うこととして、AFロックオンの設定だけを変えてみようかなっと。

とりあえずマイメニューの2番目に登録。 
111119_01a.jpg  
今までが「強め」だったので、変化を試すには「しない(OFF)」がいいかな?と。 
111119_02a.jpg   

今まではというと、普通にアプローチを撮る場面でも、向かってくるアングルで微妙に外れちゃってる感じだったんですよね。
斜め前フルフレームでもピントが来ない感じで。真横~送りショットではさほど問題はなかったので、まぁこんなもんかな?とも思ってたんですが。
向かってくるアングルでの甘さがどうにも気持ち悪くて。もちろんレンズは明るいに越したことはないんですが、AF速度自体はあまり遅く感じなくて。
あとは追従性の問題?となるとボディ側ならAFロックオンぐらいしかないのかな?と思いましてね。

ピン甘=追従性悪い=反応悪い=ロックオン強すぎ、とも考えられますが、自分としてはAFロックオンはそこには関係無いと思ってたんですよね。
通常目にする速度域のヒコーキをAFフレームに捉えている状態なら、そのメインの被写体に対するAF精度というか、そこには影響はないでしょと。
こんなの普通に追えるんじゃないの?と勝手に思っていて。あんまり書き過ぎるとあれこれとボロが出てくるのでやめておきますけど(笑)

で、先日の入間は「OFF」で撮ってみたわけですが、ピントに関しては明らかに歩留まりアップ。以前とは全然違っていてビックリでした。
今までも確か「弱め」までは試したことがあったとは思うんですが、その時はこれといった違いは感じませんでした。
「しない(OFF)」はちょっと試してみて「あ~、ダメだこりゃ」みたいな。そんな風に思った記憶しかなかったんですよね。
いつも同じ場所で撮るから同じ位置に木立やら電線やらがあったという(当たり前)、それだけの話だったんでしょうけど…。
今回も相変わらずブレは多かったのでアレなんですが、AF精度自体はかなり出てるんだろうなと。それは実感できました。
細かいことはともかく(笑)、結果的には改善できたなと。そんな感じでしたね。

アクロではスモークに引っ張られることもあるので多少工夫も要りますが、3Dトラッキングも意外と使えますし、改めてD300Sを見直しましたよ。
単に使いこなしが甘い、と言われればそれまでなんですが、フィルム&MF時代にはこんなこと考えもしなかったことで…。
当たり前といえばそれまでですが、あの当時のピン合わせと今のそれとでは何もかもが全く異質というか。
フィルム機でAFが普及しだした頃に一度写真をやめてしまったので、デジタルで再開した時には浦島太郎状態でしたし。
かといって今更ヒコーキでMFする気もないわけですけども(笑)

結果に対する微妙な煮え切らなさや不満といったものに関しては、やはり自分の力不足をまず最初に疑うべきなんですよね。
些細なことかもしれませんが、改めて反省した次第。自分は変なところで妙な思いこみばかりしてるんだなと(笑)

飛行機写真は子供の頃に父親の見よう見まねで始めてその後一度やめましたが、こうして出戻って撮っていると色々思いますね。
デジタルカメラはその機能を確実に理解して試して、そうやって細かく確認しながら使いこなしていくことが本当に必要なんだな~って。
フィルム機だって自分なんかが思ってるほど使いこなしが容易なモノじゃないことは今更言うまでもありませんけど、
かつて肉体でこなしていた作業を機材にいかに的確に分担させられるかという部分での難しさ?みたいな。AFなんて本当にそんな感じがして。
自分は結局なんにしても中途半端なので、結局のところよくわからないままなんでしょうけど。
でもねぇ…今度久しぶりにMFで撮ってみるかな~。案外そのほうがラクだったりして(笑)

D300Sにはまだまだ頑張ってもらいますよ。ショット数もまだたったの15,000ぐらいですし。
既に若干の古さを感じさせる点もありますが、使っているとなんとも言えない愛着が湧くんですよね。このカメラ。
買った時には既にモデル末期でしたが、コイツを新品で買えたのはほんとに良かったですよ。


出来るだけ長く使ってあげられるといいんですけど。



s
rövidítés dél
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian

テーマ ★カメラ&レンズ・機材    ジャンル 写真


17
Category: その他機材   Tags: ED-120CDB  

東洋リビング ED-120CDB

防湿庫は今年の梅雨前に導入しました。

この手のモノにはさほど選択肢はありませんが、無難なところで東洋リビングにしました。
で、そのラインナップの中でまた少々迷いましたが、これまた無難なところでED-120CDBをチョイス。
容量は約120L、とりあえずこれだけあればしばらくの間はじゅうぶんかなと思って決めました。

最初は80Lにしようかとも思ったんですが、価格が120Lと5,000円ぐらいしか違わないんですよね。
あまりギチギチに入っていると使いづらいしイライラするだろうとも思ったので、120Lに決定。

で、あちこち調べて一番安かったデジカメオンラインで購入。確か39,800円だったかと。
111116_01.jpg 

実際に部屋に置いてみると、大き過ぎず小さ過ぎずイイ感じでした。
中身が入っていない状態ならちっとも重くはないので、開梱~設置もラクラク。
カメラはテーブルでゴチャゴチャやることが多いので、とりあえずリビングに設置。
111116_02.jpg

上段右上に取り付けられているドライユニット。光触媒機能付だそうです。
暗い庫内に赤と青のLEDは暗い部屋だとアクセントになってイイ感じ。
111116_03.jpg 

電池式の湿度計が扉の右上に。扉を開けると表示が一気に10%ぐらい上がります。
111116_08.jpg 

一応中身なんぞを。大したモノは入っていませんが…。

最上段にはレンズを。波型のホルダーは一枚同梱されています。
サンヨンならラクラク入ります。TC-14E IIを付けた状態でもなんとか入りますね。
右端のトキナー12-24 F4はフードが隣のレンズに若干干渉しますが、特に問題なし。
そこそこの収容力だと思いますが、大口径の明るいレンズ中心だと少々狭いかもしれません。
111116_04.jpg 

二段目にはボディやら縦グリやら。今はD300SとD40を。標準レンズ程度なら付けたままでも余裕あり。
111116_05.jpg 

三段目には使用頻度の高い小物をあれこれ。高さを上手く使えばかなりの収容力かと。
111116_06.jpg 

一番下にはその他使用頻度の低いものなどを。
今は全く使わないF2とFEもここに。質感が好きなのでたま~に引っ張り出して触ることはありますが。
そのうちまたフィルムで撮ってみるのも面白いかな。飛行機に使うことはもうないでしょうけどね。
111116_07.jpg 

やはり防湿庫はなんだかんだいってあると非常に便利なアイテムではあります。
購入時に若干の割高感はあるものの、電気代はほぼ無視出来るレベルですし費用対効果は高いと思いますね。

サンニッパ以上の大砲も、となると、さすがに追加する必要がありますが、その時はその時ってことで。
巨大な防湿庫で中身がスカスカだと、スペースを埋めたくなってあれこれ欲しくなりますしね(笑)


こんな感じで、この東洋リビングの防湿庫、満足度はかなり高いお買い物となりました。
特に120Lモデルは使い易くてコストパフォーマンスも高いのでオススメであります。
ボディ2台程度で比較的コンパクトな機材中心なら不満は出ないかと思いますよ。


とりあえず今は撮りに行く予定も無いので、またネタ探しをしなければ…。



s
rövidítés dél
言語を検出 » Hungarian

テーマ ★カメラ&レンズ・機材    ジャンル 写真


08
Category: その他もろもろ   Tags: D40  50mm_f/1.8G  Flickr  

写真共有サイト

写真共有サイトはあれこれ試しています。

けっこう前からやっているのはフリッカー。なんだかんだいっても一番使い易いなと。
他人に見せたり交流したりするのが目的というよりも、ストレージ的に使っています。
でもたまに誰かがコメント付けてくれたり自分もそうしたり、グループに入ってみたり。
焦らずのんびりやっていくにはいいサイトかなと思います。

とにかく世界中から集まってるわけですから、飛行機にしても見応えのある写真もありますね。
妙な内輪ノリも見られますが、コミュニティというものは元々そういう性質を持っていますからね。
自分としては、本当に好きな写真や良いと思う写真だけに限ってコメントしたりフェイバリットにしたり。
趣味でお気楽に撮ってるだけの自分としては、そういうのが健全なあり方だとは思っていますけど。
でもフリッカーは自分が好きにやればいいだけなので、他の人がどうとかは特に気にはしません。
それにね、やっぱり世界中の人が撮った写真が見られるのはいいですよ。うん。
フリッカーには凄い写真がたくさんありますからね。やっぱり世界は広い。

ニコンのオンラインギャラリーも同じような使い方をしていますが、こっちは殆ど惰性ですね。
自分にとってはあまり使い勝手がよろしくなくて、写真系サイトとしてはいまひとつな印象です。

で、もうひとつがGANREF(笑)

機材を調べる時にたまに見ることもあったので、ちょいと試してみようかな~と思って。
8月だか9月だかに登録して、ランクがそろそろシルバー?みたいな感じだったんですけど。
ポイントだとかランクだとかバカバカしくなってきちゃって。本日早速退会申請しました。

趣味でまったりと楽しんで飛行機の写真撮るなら、やっぱりマイペースがいいなと。
模型と同じで、自分の欲求に素直になって、多少遠回りでもやりたいようにやればいいかなと。
とりあえずは人様に迷惑掛けずに自分が楽しめればいいや。

ま、ボチボチやっていきましょうか。

DSC_0087_04.jpg  
75mm 1/400 F1.8 ISO200, EV-0.3, Spot Metering, Nikon D40, AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G


言語を検出 » Hungarian

テーマ 航空機    ジャンル 写真


07
Category: 入間 JASDF Iruma AB, RJTJ   Tags: D300S  300mm_f/4D  TC-14E_II  AT-X_124  Blue_Impulse  

2011年入間基地航空祭

今年も入間にお邪魔してきました。

2日はまずまずのお天気でしたが、航空祭当日の3日は完全な曇天となってしまいました。
ブルーが降りてから急に晴れてきたのには参りましたね…でもまぁ、こんなこともありますよね。

前日はR/W35エンド、豊岡第一病院前で撮りました。
ここは入間市駅から徒歩でも行けますし、なかなか良いポイントだと思います。
でも歩いたらけっこうあるかな。武蔵藤沢駅からのほうが近いですね。
入間は航空祭以外で行くことは無いので周辺のことはよく知りませんけど。

滑走路に近いので上がりはなかなかの迫力。
111106_01a.jpg 
630mm 1/1600 F8 ISO200, Aperture Priority AE, EV-0.3


ローアングルキューバン。もっと長いレンズが欲しいですな。
111106_02a.jpg 
630mm 1/1000 F8 ISO200, Aperture Priority AE, EV-0.3


6番機は予備機を使用。 機番無しの機体も新鮮です。ロールオンテイクオフはちょうど目の前でグイっとノーズアップ。
111106_03a.jpg 
630mm 1/1600 F8 ISO200, Aperture Priority AE, EV-0.3

111106_04a.jpg 
630mm 1/1250 F8 ISO200, Aperture Priority AE, EV-0.3


晴れていても空はいまひとつな感じ。気温が高過ぎて空気が重い感じでした。
111106_05.jpg 
630mm 1/800 F8 ISO200, Aperture Priority AE, EV-0.3

いつもながらのキレのある動きを見せてくれたSETTERさん。
井川3佐のアクロは個人的にはとても好きです。動きがダイナミックでシャープ。
まぁ、ブルーのパイロットはみなさん腕利き揃いであることは今更言うまでもないことですがね。111106_06a.jpg 
630mm 1/1250 F8 ISO200, Aperture Priority AE, EV-0.3


" ...Smoke Off ! " この瞬間が大好き。ブルーの機動の中で一番好きかも。
111106_07.jpg 
630mm 1/1000 F8 ISO200, Aperture Priority AE, EV-0.3

デルタロール終了後の右バンクで抜けるところ。もうちょっと南側にいたほうがよかったかなと。
111106_08a.jpg 
630mm 1/640 F8 ISO200, Aperture Priority AE, EV-0.3


111106_09a.jpg 
630mm 1/800 F8 ISO200, Aperture Priority AE, EV-0.3


以上、予行の楽しいひと時でありました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

航空祭当日は打って変わってどうしようもないぐらいの曇天。
結局ブルーが終わるまで晴れ間は殆どありませんでした。やれやれ…。

午前中はT-4による慰霊飛行、シルバーインパルス、C-1、F-2B、そして救難展示。
太陽が低い時間帯はまだそこそこ明るかったですが、みるみるうちに鉛色になってしまいましたよ。

そんな中、C-1と並ぶ入間名物、シルバーインパルスがエアボーン。
111106_10a.jpg 
630mm 1/1250 F8 ISO200, Aperture Priority AE, EV-0.7


111106_11a.jpg 
630mm 1/2500 F8 ISO200, Aperture Priority AE, EV-0.7


111106_12a.jpg 
630mm 1/1600 F8 ISO200, Aperture Priority AE, EV-0.7


111106_13a.jpg 
630mm 1/4000 F8 ISO200, Aperture Priority AE, EV-0.7


T-4もC-1も思ったように撮れなくて少々悔しい思いをしました。この天気じゃしょうがないですけどね。
C-1のファンブレイクが取れなかったのは痛かった。背中バックリで最高だったんですけどねぇ…。

今年の目玉、飛実F-2Bによる機動飛行。 終了後は降りずにそのまま岐阜に帰っていきました。
111106_14a.jpg 
630mm 1/640 F8 ISO200, Aperture Priority AE, EV-0.3


救難は殆ど撮れませんでした。ちょうどトイレに行ったり一服したりの時間帯で…。
天気が良ければ撮ろうかと思ってたんですけどね。来年撮りましょうかね。

ブルーが始まるまでの1時間で天候が回復してくれるのを祈りましたが…全く変化無し。
しかし幸いにも震災後初の第1区分を実施してくれました。入間で見られたのは嬉しかったですよ。
111106_15a.jpg 
630mm 1/640 F8 ISO200, Aperture Priority AE


111106_16.jpg 
630mm 1/640 F8 ISO200, Aperture Priority AE

111106_17a.jpg 
630mm 1/640 F8 ISO200, Aperture Priority AE


111106_18.jpg 
630mm 1/800 F8 ISO200, Aperture Priority AE

111106_19a.jpg 
630mm 1/1000 F8 ISO200, Aperture Priority AE, EV-0.7


111106_20.jpg 
630mm 1/500 F8 ISO200, Aperture Priority AE

スタークロスの頃になってようやく晴れ間が…あと1時間早くこうなってくれてたら…。
111106_21a.jpg 
18mm 1/500 F11 ISO200, Aperture Priority AE, EV-0.7


ブルーが降りたら急に晴れてきました。
天気が悪い時ってのは往々にしてこういうパターンに出くわすんですよね。
まさに航空祭のプログラムをピンポイントで狙い撃ちしたかのような曇り空でしたよ。まったく。

外来機は殆ど撮らずに帰りました。当日帰投自体が少なかったですからね。
RF-4Eはもっと色んな角度からサンヨンで狙いたかったんですがね…人が多すぎて無理でした。

111106_22a.jpg 
450mm 1/640 F8 ISO200, Aperture Priority AE, EV-0.7


こういう悪天候だと新しいレンズが欲しくなりますね。サンヨンより更に抜けが良くて長いレンズ。
サンニッパに2倍テレコンもバランス的にはなかなかいいのかな~とは思ってるんですけども。
でも、やっぱりゴーヨンかな。ゴーヨンとサンヨンと広角ズームの組み合わせがベストですかね。
APS-C+ゴーヨン+TC-14E II なら1,050mmですか。やっぱりそれぐらい欲しいですよ。
VRだってあるに越したことないですから。やっぱり微小なブレはVRで抑え込みたいですね。
簡単に買えるシロモノではありませんが、出来るだけ早めに欲しいですよ。ゴーヨン。

そんなこんなで、今年は人も少なくて居心地の良かった入間航空祭でした。


次回更新はいつになるかわかりません(笑)


111106_23.jpg 
36mm 1/320 F11 ISO200, Aperture Priority AE, EV-0.7


Nikon D300S + MB-D10
Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED
Ai AF-S TELECONVERTER TC-14E II
Tokina AT-X 124 PRO DX II


s
rövidítés dél
言語を検出 » Hungarian

テーマ 航空機    ジャンル 写真



1
2
3
4
5
6
9
10
11
12
13
14
15
16
18
20
21
22
24
25
27
28
29
30

top bottom