Vapor Trails

- Aviation Photolog -


In 12 2012

30
Category: カメラバッグ   Tags: D300S  300mm_f/2.8G  TC-17E_II  aosta_Sanctuary  

"aosta Sanctuary AOC-ST1-RK430" インプレッション

年末の厚木は空振りに終わりましたが、新しいカメラバッグを使ってみたのでそのインプレッションなどを。

サンニッパ+ボディ用としての個人的な使用感でしかありませんが、○×方式で思いつくままに列挙してみます。
ちなみに「×」といってもそれは「やや不満」という程度であって、致命的な問題というほどのものではありません。
見方によってプラスにもマイナスにもなっているところもありますが、それはそれということで…。

<○>
・軽い。D300S+MB-D10(エネループ×8)+300mm f/2.8G VR IITC-17E II+小物類で総重量5Kg前後。
・コンパクト。幅が最小限に抑えられているので、そこそこ混雑した公共交通機関での移動時にも邪魔にならない。
・背負った時のバランスは良好。柔らかいのでウエストベルトを使わなくても安定する。徒歩での移動はかなり楽。
・開口部の固定が確実。ベルクロ&コネクター×3による固定で安心感あり。うっかり固定し忘れることも無さそう。
・底面の石突×6コ。雨上がりの舗装路面程度ならさほど気にせず置ける。しっかり自立し安定感あり。
・上部ハンドル。強度には問題無し。機材収納状態では開口部開閉用小ハンドルと混同しないよう注意は必要。
・ベルトクリップループ。長さ調整で余ったベルト用。あちこちベルトぶらぶらは大嫌い&危険なのでこれは◎。
最大公約数的デザイン?の無難な外観。カメラバッグに強い外観的個性や主張?を求めるならマイナスか。
・縫製が比較的良い。

<×>
・サイドポケットがやや使いづらい。フラップを開ける必要がある。収納力はそこそこ。バッテリーや受信機等はここに。
・低剛性。購入時点でやや変形あり(若干傾いている)。使用上問題は無いが視覚的安定感に欠けるため印象は悪い。
・フラップ固定用ベルト取付部による制限からか両側面ネットポケットが小さい。入れられるモノはかなり限定される。
・ウエストベルトが取り外せない。使用しない場合の持って行き場所に困る。ここはディタッチャブルにして欲しかった。
・拡張性が無い。
システム化されておらずレンズケース等追加は困難。他メーカーとの比較ではここが最大の弱点か。

121229_01

…とまぁ、ざっと思いつくままに挙げてみましたが、自分が使ってみたところではこんな感じです。
結論としてはこの "aosta Sanctuary" はなかなか良く出来ているのではあるまいか?という印象です。
ただ、サンニッパでは問題はありませんが、400mm以上ではサイズには注意したほうが良いと思います。

ベルト類の強度についてはまだなんとも言えませんが、おそらく問題は無いと思われます。
あと、通常は間違いなく「三脚取付」という要素が入ってくるんだとは思いますが、自分には評価不能です。
ヒコーキ以外ではかなり実用性を左右する部分だとは思いますが、自分の場合は関係無いのでなんとも…。

このバッグには概ね満足していますが、一方で既に目移りしてしまっているのも事実であります(笑)
カメラバッグ沼なのかどうかはわかりませんが、なかなか「大満足」というわけにはいかず…困ったもんです。
think TANK Photo"Glass Limo"なんかシンプルだしシステム化されているし、悪くない感じはしますね。
一応チェックはしてたんですけども。見た目もシックで悪くないですし。そのうち買って使ってみようかなぁと。

サンニッパ用に使い勝手の良さそうなバッグというのは、いざ探してみると案外少ないという感じはします。

年明けにはCP+があるので、カメラバッグ関係のブースであれこれじっくり見てみようかと思っています。
カメラバッグを増やしていくというのはパズル的快感を求める行為でしかないような気もしますけどね(笑)


US-2, JMSDF Atsugi AB
121229_02
1/320  F9  ISO200  Manual Exposure,  Nikon D300S with MB-D10, AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II, Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II, Nikon Capture NX 2.3.5 W


そういえば、先日注文したDon Zeckのレンズキャップ"N10"。「送りましたよ」とのメールが来ました。
クリスマス前に出荷してくれましたが、あちらは混雑する時期ですし
郵便ですから2週間以上掛かるかもしれません。
日本ではインプレッション記事の類が無いようなので、到着したらあれこれと自分なりに細かく書いてみるつもりです。
純正キャップも使えなくはないですが、やはり着脱は鬱陶しいですね。まさに"Quite bulky"ってな感じでありますよ。

年始は4日に厚木に行ってみようかと思っています。金曜日なので微妙ではありますが…。

出来れば年内にもう一度更新したいとは思っていますが、ネタ不足故に難しいかもしれません。

…ということで、念のために書いておきましょうか(笑) どなたさまも良いお年を!
Hey
言語を検出 » Hungaria




言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
Brand érték
言語を検出 » Hungarian
Hyakuri
言語を検出 » Hungarian
A
言語を検出 » Hungarian
Ez túl nagy és több mint Goyon fogom más módszert alkalmaznak, maga csak feltételez 70-200mm F2.8 és a kicsi, de.
言語を検出 » Hungarian
,
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
Azt hiszem, nem mondhatok semmit az erejét a szalagok, mert én csak most kezdődött el a még nem, akkor a probléma valószínűleg nem.
言語を検出 » Hungarian
Soha nem fáj, nem lehet közvetlen kapcsolatban az erő, a jó varrás.
言語を検出 » Hungarian
Végtére is, akkor is, ha azt mondja, jó pont rossz pont, hogy van valami, hogy lehet akár a helyzettől függően és hogyan kell használni minden. Ha nem áll ott, és pont itt van. Szóval végül is, nem igaz? Van egy trade-off közötti bármely elemét. Ha fel tömege kért oltalmat szilárdság és merevség, mérete legfeljebb hiszen fogja kérni a tárolási kapacitás. Úgy értem, találkahely az egyes ilyen elemek, vagy a költségek csökkentése és a "dolgok, amelyeket fel lehet használni", míg a mérleg hogyan.
言語を検出 » Hungarian
Goyon, a Nintendo 64
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
CP +
言語を検出 » Hungarian
...
言語を検出 » Hungarian
Lehetőség も
言語を検出 » Hungarian
Az
言語を検出 » Hungarian
Bár a nagy rekesznyílás telefotó NIKKOR néhány meniscus védő üveg, nagyon kényelmes sapka akarok még. Csakúgy, mint a Canon fluor bevonat stb én nem tiszta és erős védő üveg, azért van, mert ez a pakolás hatása alkalmaznak. Ön is gyalog néző oldalán az út zajos, forgalmas felszerelések, védelmi elöl és azt akarom, hogy úgy gondolja, a különböző kockázatok és teljesen.
言語を検出 » Hungarian
,
言語を検出 » Hungarian
Másrészt, ez növeli a táska, hogy én is érzem, nem más, mint egy puzzle, öröm-kereső viselkedés (nevet)
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
Azt hiszem, el kell döntenie, a maximális méretei a mellékelt állapotban telecon / 2-szer, ha a nagy fényerejű telefotó extender, Azt hiszem, a legtöbb ez nem egy dolog, hogy nem korlátozódik ez a táska, tekintve, határozottan. Ebben az értelemben az értelemben, hogy ez a fajta termék kissé out-of-date minden utolsó.
言語を検出 » Hungarian
A rossz hír az is egy jó pont mondani, hogy van valami, hogy lehet akár a helyzettől függően és hogyan kell használni minden. Van egy dolog, hogy nem kell, hogy egy állvány van, mert végül is ez egy trade-off közötti bármely elemét. Úgy értem, találkahely az egyes ilyen elemek, vagy a költségek csökkentése és a "dolgok, amelyeket fel lehet használni", míg a mérleg hogyan.
言語を検出 » Hungarian
Nem tudom, hogy egy mocsár táska, bajban vagyok ... H nem engedheti meg magának, hogy "nagyon elégedett" könnyen.
言語を検出 » Hungarian
.
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian

テーマ ★カメラ&レンズ・機材    ジャンル 写真


28
Category: 厚木 JMSDF Atsugi AB/NAF Atsugi, RJTA   Tags: D300S  300mm_f/2.8G  TC-17E_II  

Atsugi -No.13-

今日から休みです。レンズも試したいと思っていたので厚木にチョイ撮りに行ってきました。
毎回楽しみにしている年末年始の厚木ですが、今回は曜日がダメですね。なんだか金曜日と土曜日ばっかり。
せっかく休みに入ったと思ったら今日は夕方から雨になりそうなお天気で…早くも少々萎え気味であります(笑)

でもまぁ、こればっかりはどうしようもないことですから、あまり深く考えずに出掛けてきました。
ちょっと寝坊しましたがなんとか午前中に到着。で、ほどなくしてMaceF/A-18E×3機が上がりました。


強力なVRが付いているにもかかわらずブレブレ。情けなくて萎えました。やれやれ…。
121228_01
1/500  F5.6  ISO200  Manual Exposure

200は捻りながらズドーンと急上昇。高かったのでかなりトリミングして縦に。
121228_05

1/500  F5.6  ISO200  Manual Exposure


ヒマだったので木登りしていたニャンコを一枚。この後地面で体を伸ばしてゴロゴロ転がっていました(笑)
121228_02
1/200  F5.6  ISO400  Manual Exposure

少し明るくなってきたところでXP-1がローアプローチ。この後は暗くなってきて更に冷え込んできたので撤収。
121228_04
1/500  F7.1  ISO200  Manual Exposure

< Nikon D300S
with MB-D10, AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II, Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II, Nikon Capture NX 2.3.5 W >


サンニッパの使用感ですが、いまのところはまだなんとも言えないといったところではあります。かなり好感触ですけど。
今後使い込んで慣れていく中で性能を上手く引き出せるようになっていくのかどうか。そこが楽しみなところであります。
ただ、言うまでもなく一番問題なのは「写真としてどうか」なのであって…そこが抜けているなら今までと変わらないと。
まぁ、お気楽ヒコーキ写真屋としては、のんびり楽しみながら…ということで例によってウヤムヤになるわけですが。

AFについてはTC-17E II使用で開放F4.8でも合焦速度には全く問題無し。ここはさすがに期待通りの性能です。
VRもファインダー像に不自然さが無くてとても見やすいですね。サンヨンで撮っている時と殆ど違いは感じません。
手ブレ補正があるとやはりどうしてもそれに頼る撮り方になりがちなので、今後も基本を大事にしたいところです。

あと、先日購入したカメラバッグ、"aosta Sanctuary" も使ってみましたが、使用感はなかなか良かったですよ。
重心が比較的高いせいか、背負うとあまり重量を感じません。ウエストベルトを使えばもっと楽かもしれませんね。
Flipside 300にD300S+サンヨン+12-24の時のほうが肩への負担が大きくてもっと重さを感じていた気がします。

ただしエクストラでレンズを収納するスペースは無いので、サンニッパの時には一本で出掛けようかとは思います。
で、広角や標準~中望遠域で撮りたい気分の時にはそれらをメインにして、エクストラで軽量なサンヨンを追加すると。
基地外周での広角~標準域は難しいですが、写真的楽しさのようなものは個人的には超望遠域よりも感じますね。
200mm前後はなかなか手が出なくてまだしばらく様子見ではありますが、やはり70-200 F4が無難な線でしょうか。
ニッコール180mm f/2.8Dなんか軽量コンパクトで良いんですけど。出来れば軽い単焦点が欲しいんですよね。


何本もレンズを詰め込んで意気込んだところで、自分の場合は狙いが定まらずに中途半端になるような気がします。
一日であれもこれもではなく、その日の気分やお天気で狙いを定めて割り切った機材で出掛けたほうが楽しそうです。
ま、ウチの防湿庫内には選択するほど潤沢なレンズラインナップなどないんですがね(笑) 徐々にそうしたいなと。


明日は土曜日ですが、せっかくの休みなのでお天気が良ければまた出掛けようかと思います。





Detect language » Hungarian
Én nem számíthat annyira,
Detect language » Hungarian
Atsugi várja, hogy az új évet, hogy minden alkalommal, de ezúttal a nap a héten, hogy használhatatlan. Pénteken és szombaton csak én vagyok.
Detect language » Hungarian
F4.8
Detect language » Hungarian
.
Detect language » Hungarian
Ez az, ahová lőni.
Detect language » Hungarian
Detect language » Hungarian
Miért, hogy egy repülő tárgy, ez a cucc végig, és kíváncsi vagyok, nem javítana semmit, nem tetszik, hogy ne felejtse el.
Detect language » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian

テーマ 航空機    ジャンル 写真


22
Category: カメラバッグ   Tags: 300mm_f/2.8G  aosta_Sanctuary  

aosta Sanctuary AOC-ST1-RK430

サンニッパ用に Kenko "aosta Sanctuary AOC-ST1-RK430" を購入しました。

外観はこんな感じ。妙に主張しすぎるところもなく無難な雰囲気。悪くないですね。
121221_01

ショルダーベルトのアジャスターの下にはリングが付いています。こういうのは大事ですね。
121221_02

トレーとレンズ固定用パッド。本体底には取り外し式のそこそこ厚いクッションが入っていますが…撮り忘れました。
他には保管用?の袋とレインカバーも付属していますが、自分はたぶんどっちも使わないと思われるので画像は省略。
121221_03

上面コネクター部分には簡易コンパス。自分は一応コンパスは持っているので要りませんけども。
121221_04

前面のフタはハンドル付きジッパーで片手で開閉できます。開閉は引っ掛かりも無く実にスムーズ。使えますね。
収納時には前面フタを閉じて上端をベルクロとコネクター×1で固定、左右フラップを閉じてコネクター×2で固定します。
計3点での固定故に手間と時間は掛かりますが、背面開閉式でない大型リュックの場合には堅実な方法だと思います。

121221_05

側面。フラップ内側にはマチ付きのそこそこサイズの大きなポケットがあります。案外使えそうな気はします。
本体左右側面には三脚や一脚を固定するためのベルト。コネクター式ではないのでちょっと面倒かもしれませんね。
自分は外では三脚の類は一切使わないので全く問題ありませんが。もし使うとしたら折りたたみチェアぐらいでしょうか。
121221_06

フタを全開にしても左右のレールでしっかり吊られているので地面には殆ど接触しません。これはイイですね。
ここらは良く考えられています。ちなみに底面にはちゃんと石突があるので地面の湿気を吸う心配も無さそうです。
121221_07


で、機材を入れてみました。まずはフード逆付サンニッパ+D300S+MB-D10、テレコン無しで。
このRK430は400mm用ということになっているんですが、思ったよりも上部には余裕が無い感じですね。
121221_08

そこにトレーを。フタは閉まりますが、かなり引っ掛かる感じです。トレーはもっと小さくてもいいかなと。
ここにアレやらコレやらを放り込むつもりだったんですけどね。食料搭載にも悪くないと思っていたんですが…。
121221_09

お次は
×1.7テレコン TC-17E II を追加した状態で。これだとトレーは無理っぽいです。
Flipside 300のベルクロ止め小物入れならセット出来るかもしれません。今度試してみるつもりです。
丸型アイカップがスペースを食っている気がしなくもないですが、ここは気に入っているところ故に致し方ないかなと。
底のクッションを外せばそこそこスペースは生まれますが…それはやっぱりやめておいたほうがいいと思いますね。
121221_10

レンズ固定用パッドはちゃんと使えます。

121221_11

このバッグ、ロープロ等海外メーカーの製品に比べると柔らかいというか、やはり剛性は低い感じはします。
実際に機材を入れて使ってみないことには何とも言えませんが、重量との兼ね合いもあるので難しいですよね。
とはいえ特に大きな不満点も無く、こうして見た限りではかなり好感触なので、まずは一安心といったところです。

あとはレンズキャップ。選択肢は殆ど無いわけですが、Don Zeck のN10にしてみました。
YouTubeのVRサンニッパ用アクセサリー動画で紹介されていたんですが、そこそこ使い易そうな感じでして。
自分が調べてみた限りでは、このDon Zeckの製品を日本国内で取り扱っているところはないようです。
で、B&Hで買おうかと思ったら何気に送料が高いので、送料が安いDon Zeckのサイトで直接注文しました。
翌日Donさんから住所確認のメールが来たので、「発送したら教えてね」とお願いしておきましたよ。

そのレンズキャップが来たら、またまたレビューもどきのようなことをするつもりです。ネタ不足なので。


今回はこんなところです。




Én nem sok a felülvizsgálati történik,
Detect language » Hungarian
Detect language » Hungarian
Detect language » Hungarian
Detect language » Hungarian
2
Detect language » Hungarian
Detect language » Hungarian
Detect language » Hungarian
De remélem, hogy hamarosan érkezik.
Detect language » Hungarian
Detect language » Hungarian
Azt hiszem, ez hely ... de már jobb kilép születtek túl szép és tisztességes eltávolításával az alsó párna.
Detect language » Hungarian
Detect language » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
Magam, mert azt akarom, hogy csökkentse a helyzet a tenyér, hogy támogassa a lencsét, majd az állványt, hogy húzza meg a bal oldalon ... Itt van, ahol egy kicsit zavaros
言語を検出 » Hungarian

テーマ ★カメラ&レンズ・機材    ジャンル 写真


17
Category: カメラバッグ   Tags: 300mm_f/2.8G  Lowepro  

カメラバッグ選び

ここ数日間、新しいカメラバッグを検討中です。重量を考えるとやはりリュックタイプになりますね。

サンニッパ+D300S+MB-D10+TC-17E II を組んだ状態ですんなり入れられるリュックがいいなと。
そのうち2倍テレコン TC-20E III
も使うことになると思うので、これプラス数センチは必要になりますね。
121217_01

とりあえず手持ちの "Lowepro Flipside 300" に入れてみると…けっこうすんなり入りました。
フード部分が背中側にちょっと出っ張るかとも思いましたが、そのあたりも特に問題はなさそうです。
でもこれだと他に機材は殆ど入りません。予備バッテリー等の小物が多少入る程度。少々厳しいですね。
121217_02

とりあえずこのFlipside 300でもOKかなとも思うんですが、このリュックだと自立しないのが困ったところです。
現場では機材は出してしまうのでさほど問題ないかもしれませんが、なんとなく使いづらそうな感じではあります。

ということで、今考えているのはケンコーが出している "aosta Sanctuary AOC-ST1-RK430" ってなバッグ。
ラインナップはサンニッパ用、ヨンニッパ用、ゴーヨン&ロクヨン用の3種類。それぞれボディ付きで収納可能だそうで。
自分の場合はテレコンも使いますし、ヨンニッパ用にして上部スペースも活用しようかと目論んでいるところであります。

この手のバッグは選択肢が少ないが故に多少の割り切りも必要かとも思いますが、aostaはかなり使えそうです。
デザインも落ち着いていて無難で好みですね。サイドフラップの内側にはポケットも付いていて使い易そうですし。
似たようなバッグは全てチェックしましたが今のところコレがベストかなと。本当はロープロで揃えたいんですけど。


今回はこんなところです。
A kettő között van egy kis hely, és nem olyan nagy a különbség megfelel a gyakorlatiasság kijönni.
Detect language » Hungaria



Az
Detect language » Hungarian
Bag keserű a San'nippa de ki reprint tól Donke, én utasították el, mert úgy tűnik, hogy feszes a telefonkonferenciát. Ez annyira nehéz teher váll, mert a váll túl nagy beírni. Megjelenés ... Bár ez egy egyszerű választás.
Detect language » Hungarian
Detect language » Hungarian
Detect language » Hungarian
言語を検出 » Hungarian

テーマ ★カメラ&レンズ・機材    ジャンル 写真


12
Category: カメラ&レンズ   Tags: 300mm_f/2.8G  Kirk  

Kirk Lens Plate LP-52

サンニッパの三脚座にレンズプレートを取り付けてみました。

当初はKirkのレンズフットLP-47か、その表面に滑り止め塗装を施したLP-47SGにしようかと思っていたんですが、
三脚自体は全く使わないのにココにこだわる必要もないと思ったので、お手軽にレンズプレート追加としました。
要するにもうちょい長さが欲しいというだけですから。なんとかスイスとか言われてもよくわかりませんしね(笑)

ということで同じくKirkのLP-52をチョイス。お値段は7,000円ほど。
LP-47SGのほぼ半額といったところ。
121212_01

取り付けてみると…長さに関してはちょうどいい感じです。グリップとしての感触はあまり良くはないですが。
もしアレだったら何かをかましてテープでぐるぐる巻いてやればいいかなと。こんなのは実用的でさえあればOKなので。
121212_02

サンニッパは
フードを逆付けにすると拍子抜けするぐらいコンパクト。この小ささも魅力のひとつかなと思います。
今まで使っていた Lowepro Flipside 300 にもちゃんと収まりました。次回はその辺りのことでも書いてみるつもりです。
121212_03

あとはレンズキャップをどうしたもんかなと。純正は保護性は高いものの現場では少々使いにくそうな感じもします。
LensCoat "Hoodie" か Don Zeck "N10" あたりも考えていますが、まずは純正を使ってみてからのほうが良さそうです。

早く撮りに行きたいところではありますが…このレンズとは焦らずにじっくり付き合っていくつもりです。
A San'nippa
Detect language » Hungarian




Detect language » Hungarian
Detect language » Hungarian
Detect language » Hungarian
Detect language » Hungarian
Értékesítik a hazai minta csak ~ SG. LP-47 jobb a normál, bár ez egy meglehetősen tetszik. Azt hiszem, nincs több a csúszásgátló és vásárolni Shop, Yara International Mi lesz azzal, amit jóképű ár,
Detect language » Hungarian
Detect language » Hungarian
Próbálja gondolni.
Detect language » Hungarian
Valami úgynevezett állványt élek azt jelenti, hogy teljesen eltűnt, és én gyakran csak olyan repülőgépen.
Detect language » Hungarian
言語を検出 » Hungarian

テーマ ★カメラ&レンズ・機材    ジャンル 写真


09
Category: カメラ&レンズ   Tags: 300mm_f/2.8G  D300S  TC-17E_II  

新しいレンズ

やっとというかなんというか…サンヨンの後継となるレンズを導入しました。
ニコンの現行サンニッパ、"AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II" であります。
長い間随分迷いました。

自分の撮りたいイメージ、フルサイズ換算450~900mmまでカバー出来る柔軟性、サイズ、重量等々…。
それらモロモロを総合すると
現時点ではサンニッパが自分に一番合っているだろうな、という考えに辿り着きました。
旧型中古も考えましたが、この先も長く使いたいのと外観の好みもあり…悩んだ挙句に現行新品にしました。

超望遠域はテレコン使用となるわけですから、ゴーヨン等に比べれば当然の如く画質面では不利だと思います。
が、自分の場合は
今後も超望遠一辺倒にはならないとも思ったので、機動力の高さとモロモロの柔軟性を優先しました。
まだ何も試してはいませんが、おそらく画質面では必要にして十分なポテンシャルがあるのではないかと思っています。


テレコン使用時の画質判断で決め手になったのは「ヒコーキ写真テクニック2」での洲崎氏によるD7000テストリポート。
冒頭
見開き掲載のD7000+サンニッパ+TC-20E III で捉えたVMFA(AW)-225 F/A-18D、R4上がりの一枚でした。
厚木でのショットに説得力のある解説文。システムのポテンシャル判断に際してはまさに最高のサンプルでしたね。

実力のあるフォトグラファーが撮影した写真はこの手の機材選びに際しては実に客観的な判断基準になります。
こういった場合、自分のレベル云々はどーでもよくて、まずはその機材の「ポテンシャル」を知りたいわけですから。
以前はサンニッパというレンズには比較的関心が薄かったんですが、自分はこの一枚でその考えが変わりました。
もちろんD300Sでは若干苦しい部分もあるとは思うんですが、ボディはどのみち追加することになりますからね。

で、D300S+MB-D10(エネループ8本)とTC-17E II を付けて持ってみると…思っていたよりも軽いという印象。
もちろん実際にウロウロ歩きまわったらそれなりの負担にはなるとも思いますが、これならなんとかなりそうです。

ひとつだけ気になったのは三脚座ですかね。構える際にもハンドルとして使う際にも短すぎて不安定です。
これはそのうちKirkのLP-47あたりに交換するつもりです。運搬時には指がしっかり掛からないと危ないですから。

121209_02

サンヨンについては、下取りに出すことは最初から考えていませんでした。しっかりと手元に残してあります。
今後サンヨンの出番が激減することはわかってはいるんですけどね…それでも全く売る気にはなりませんでしたよ。
現行ニッコールサンヨンのような魅力的なレンズはそうそうないので、今後も出来るだけ活用したいと思っています。

とはいえ、今までサンヨンで撮っている中で「コレがサンニッパならどーなんだろうね?」というのはやはりありましたね。
一方でサンヨンの持つポテンシャルを自分がフルに引き出せていたかというと、もちろんそんなことはなかったわけで。
で、またまた一方でサンヨンの限界のようなものもそこはかとなく見えちゃうような…そんな場面も多々あったわけです。
自分のヘタレ具合を考えるとやっぱり微妙な後ろめたさのようなものもないわけではないんですが…ま、いいかなと。

コレを使って一体何がどう変わるのか、はたまた何も変化はないのか。まだ自分にはさっぱりわかりません。

まずは年末にでも使ってみるつもりです。客観性を失わずにしっかり使いこなせるようになりたいところです。




Detect language » Hungarian
Végül is
Detect language » Hungarian
Ez végül
Detect language » Hungarian
Re csak
Detect language » Hungarian
Monó
Detect language » Hungarian
Egyenlő
Detect language » Hungarian
Detect language » Hungarian
Azt hiszem, a végén a nap, nincs változás az eredmények, ha megpróbáltam megváltoztatni a berendezés sokkal "Nem számít, mit akar, hogy" van.
Detect language » Hungarian
Above の
Detect language » Hungarian
Ezt. "Hey vagyok fel itt fog működni jobb, ha az ember úgy" volt őszinte. Ez az, amit gondolok máj, ilyesmi.
Detect language » Hungarian
Out kiterjed
Detect language » Hungarian
言語を検出 » Hungarian

テーマ ★カメラ&レンズ・機材    ジャンル 写真


02
Category: フィルム   Tags: Nikon_F  Photomic_FTn  50mm_F1.4  TRI-X  

フィルム遊び

三連休の箱根にはFTn&50mm F1.4を持っていったものの、案の定というかなんというか…殆ど何も撮れず(笑)
何も目に付かないというわけではないんですが、やっぱり混雑した行楽地ではなかなか落ち着いて撮れないすなぁ…。
撮れる人はどこでも撮れるんでしょうけどね。自分は普段スナップ等は全くやらないので、コレは難しいもんだなぁと。

ともかくなんとか1本撮ったので近所の写真屋さんに現像とチェック用の同時プリントをお願いしました。
これで約2,600円也。デジタルに比べるとやっぱりコストが掛かりますね。フィルムは今や贅沢な趣味という感じもします。
全て自分でやってこそ面白いのかもしれませんが、そこまで数を撮らないのでもう全てお任せでありますよ。

どうでもいい写真ばかりでしたがとりあえず複写用にマウント。こうやってチマチマやりたかっただけです(笑)
121202_01

ネガの仕上げ用にCapture NX2の "Picture Control Utility" を起動させてカスタムピクチャーコントロールを作成。
トーンカーブを逆にして右下がりにするとネガが反転してポジになります。しかし…便利な時代になったもんです。
121202_02


あとはマイクロニッコールDX 40mmにES-1を付けて複写。絞り優先オートでF11ぐらい。それをCNX2で仕上げ。
モノクロネガはかなりコントラストが低く出ちゃうようなので、レベル補正でシャドー側をかなり詰める必要がありますね。
121202_03
Nikon Photomic FTn,  NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4,  Kodak Tri-X,  Nikon Capture NX 2.3.5 W

大涌谷のモクモクを逆光で。黒タマゴは1個だけ。何個も食べて寿命が延び過ぎるのも考えモノでありますよ(笑)
121202_04
Nikon Photomic FTn,  NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4,  Kodak Tri-X,  Nikon Capture NX 2.3.5 W

121202_05
Nikon Photomic FTn,  NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4,  Kodak Tri-X,  Nikon Capture NX 2.3.5 W

121202_06

Nikon Photomic FTn,  NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4,  Kodak Tri-X, 
Nikon Capture
NX 2.3.5 W



本来はちゃんとプリントして楽しむものだとも思いますが、こういうやり方でもそれなりに楽しめそうな気もします。
そのうち都内でもウロウロしてスナップでも撮ってみようかなとも思いますよ。慣れないので難しいですけどね。
別に義務感から撮る必要はないんですが、飛行機以外の被写体を撮るのも悪くないのかなとも思います。

でも散歩的感覚で持ち歩くにはFTnは少々重厚すぎるかなぁと。もうちょいお気軽な感じは欲しいところです。
FM10なんか
軽くて使い易そうですしイイかもしれません。レンズは35mmあたりをテキトーに、という感じで。

そんなこんなで改めてフィルム機が1台欲しくなってきちゃいました。気が向いたら考えましょうかね。




A
Detect language » Hungarian
Ahhoz, hogy
Detect language » Hungarian
Cha tett
Detect language » Hungarian
Detect language » Hungarian
-Ban
Detect language » Hungarian
A fekete-fehér film, és akkor a fekete-fehér, és készített egy digitális, akkor egyértelmű a különbség is.
Detect language » Hungarian
言語を検出 » Hungarian

テーマ モノクロ    ジャンル 写真



1
3
4
5
6
7
8
10
11
13
14
15
16
18
19
20
21
23
24
25
26
27
29
31

top bottom