Vapor Trails

- Aviation Photolog -


In 02 2013

27
Category: その他もろもろ   Tags: D7100  APS-C  

D7100

D7100が発表されました。なんだか「しょーがないから出した」的な印象もなくはないですが。

ぶっちゃけワクワク感は殆どありませんが、実用第一の選択肢としては悪くないという印象です。
ローパスレス24MP、対DX 1.3×クロップモードで15MP51AF67コマ/秒等々。手堅いです。
AFセンサーは中央一点がF8対応ですから、サンヨンに1.7倍テレコンでもなんとか使えそうですし。
これで実売13万円台ですから、よくよく考えてみたらかなりのバーゲンプライスかもしれませんね。

おまけにD300Sよりも軽量コンパクト。強度的にも問題は無いでしょうし。あったら困りますけど。
D300Sにもまだまだ頑張ってもらうつもりなので、2台同時運用ならば一方は軽いほうがいいですよね。
D7100D300系の剛性感のようなものは期待出来ないでしょうけど、まぁ、そこらも慣れてしまえば。
連写速度に関しては自分はそれほど気になりませんね。もちろん速いに越したことはないんですけど。
ただ、RAWの連続撮影枚数が少ないのとCFが使えないのはイヤですね。せっかくCF何枚もあるのに。
あとはレスポンス。いちいちモッサリ感を伴うようならアウトかなと。ま、そこらは実際に触ってみないと。

Flickrでニコンフランスが公開しているサンプルを見ましたが、画質は正直まだちょっと判断しかねます。
シャープなのは良いんですが、もうちょっとノイズを上手いこと処理してくれたら…という感じはしました。

「対DX 1.3
×クロップモード」は全くの予想外でしたが、これはD7100で一番魅力的な機能かと思います。
わざわざ2倍テレコンを買わずに済みますし、クロップON/OFFを使い分けて撮るのはなかなか面白そうです。
別途20MP程度の高速連写&低ノイズ機が出たら迷いますね。その場合クロップモードは無しでしょうか?

自分はとりあえずD7100に関しては様子見です。この後にもうひとつ控えている可能性もあるみたいなので。
昨今のデジタル一眼レフの性能の底上げぶりを考えると、APS-C機ならD7100でも必要十分な気もしますが。
もしD7100がニコンAPS-Cの最上位機種になることが確実になれば、自ずとコレがメインになりますけどね。
不安要素はやっぱりレスポンスとバッファですか。そこらはやはり価格相応ということになるんでしょうけども。

もしくはD800Eでクロップモードを使うなり仕上げでトリミングを駆使するなり。それもアリなのかもしれません。
自分は当面APS-Cとの組み合わせを前提にサンニッパを選んだので、今のところはまだ現実的ではないですけど。
小さく写っているヒコーキを軒並みトリミング大会で仕上げる…というのはあまり面白いやり方ではないとも思いますし。
それが画素数に余裕があって実用的な手法であっても、やっぱり撮影時に寄れないのはイヤですね。つまんない。

合理的に考えれば将来的にそういうやり方も考えないではないですが、それだけでは面白くないと思っています。
F-15でもF-4でもF/A-18でもいいんですが、ファインダーからその機影が溢れる瞬間というものは欲しいですから。



F/A-18D ATARS, NAF Atsugi
130227_01
1/1000  F7.1  ISO200  Manual Exposure  < Nikon D300S with MB-D10, AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II, Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II, Nikon Capture NX 2.4.0 W >


まずはD7100のレビューが楽しみです。しばらくの間は慌てずに眺めていようかと思います。




10
言語を検出 » Hungarian
Dano bird speciális gépek beltéri sportok
言語を検出 » Hungarian
×
言語を検出 » Hungar
Mert halálos.
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
Leszek olcsóbb nagyon gyorsan, én már olyan mélyen, gondolkodás nélkül, és Yara Yara Kore tömb akkor is, ha vásárolni.
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian

テーマ 航空機    ジャンル 写真


26
Category: スナップ   Tags: PENTAX_Q  01_STANDARD_PRIME  横浜  

Snapshot -No.1-

日曜日は午前中に散歩がてら横浜をブラブラ。Qを連れて…というよりQに連れられて行った感もありますが。

とりあえず中華街~元町周辺をウロウロ。

130225_01

1/640  F3.5  ISO250  Aperture Priority AE,  ND Filter,  Custom Image: Bleach Bypass


この後は電車に乗って桜木町へ。自分は人の少ないほうへ向かってテクテクと。

真昼間の野毛の飲み屋街を行ったり来たり。が、ただ歩き回っただけで写真はあまり撮れず。
ここらで撮るならやっぱり夕方~夜。でもQ太郎に高感度は期待できないのが少々ツライところ。

130225_02
1/1600  F4  ISO250  Manual Exposure,  ND Filter,  Smart Effect: Unicolor Bold

130225_03
1/1000  F3.5  ISO250  Manual Exposure,  ND Filter,  Smart Effect: Bold Monochrome

130225_04
1/200  F2.8  ISO250  Aperture Priority AE,  ND Filter,  Smart Effect: Unicolor Bold

日中屋外で撮る際の設定はまだあれこれ試しているところです。
ダイナミックレンジを多少拡大出来るとのことなのでハイライト&シャドー補正をONに。
その場合最低感度がISO250になるので内蔵NDON。絞りは2.84.5といったところでしょうか。
…とは言ってみたものの、違いもよくワカランのであまり深く考えずにただ撮ってるだけですが。

130225_05
1/500  F2.8  ISO250  Manual Exposure,  ND Filter,  Smart Effect: Bold Monochrome

お昼は以前よく行っていたラーメン屋で。が、スープの味がすっかり変わってしまっていてガッカリ。
その後はなんとなく欲求不満のまま徒歩で桜木町~高島町~横浜駅へ…風が強くて風邪ひきそうになりました。


130225_06
1/1000  F4  ISO250  Manual Exposure,  ND Filter,  Smart Effect: Unicolor Bold

130225_07
1/1000  F4  ISO250  Manual Exposure,  ND Filter,  Smart Effect: Bold Monochrome

< PENTAX Q, PENTAX 01 STANDARD PRIME 8.5mm F1.9, SILKYPIX Developer Studio 3.0.0.8 for PENTAX >



ヒコーキを撮れない時にはこうしてQ太郎とのんびりお散歩がよろしいようです。

なんだかマウントアダプターが欲しくなってきましたよ。もう少し01で楽しんだら考えてみましょうか。





Ez a fajta szűrő, de nem lett volna elérhető különböző modellek egyes vállalatok. Én nem olyan könnyű, hogy élvezze.
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
Én is úgy érzem, nem kell, hogy húzza ki, vagy próbálja megtalálni, és hogyan, hogy egy másik téma, még rosszul, hogy nem növekszik.
言語を検出 » Hungarian

Continue »

テーマ 何気ない日常の写真    ジャンル 写真


21
Category: その他もろもろ   Tags: Zero_Dark_Thirty  Movie  Film  

ZERO DARK THIRTY

昨日は仕事の帰りに109シネマズMM横浜へ。

キャスリン・ビグロー監督の最新作、"ZERO DARK THIRTY" を観てきました。

130221_01

2時間38分という上映時間にも全く長さは感じず。最初から最後まで緊張の連続でした。
主役のCIA情報分析官マヤを演じたジェシカ・チャステインの抑制の効いた演技も素晴らしいものでした。

監督が言うようにもちろんこれは映画です。ただ、ここで描かれていることは現実に発生した事実に沿っています。
この映画は米国のプロパガンダではないと自分は考えます。客観性の有無というものはすぐにわかることです。

"ACT OF VALOR"
も劇場で観ましたが、ZERO~アボッターバードでの突入シーンではDEVGRUが登場します。
彼らが搭乗した、例のステルス・ブラックホークも上手く映像化されていました。おそらくあんな感じなのかもしれないなと。
残骸写真でテイルローター周りの形状しかわかっていない機体ですが、ローター音も含めて非常にリアリティを感じました。
映画ではエリア51のハンガー内のシーンでこのヘリが初めて登場するんですが、いかにもあり得そうな光景でした。

130221_02


とにかく徹底的に重く、虚無感と激情が混在したような映画です。観終わった後にも体の奥底に鈍痛のような余韻が残ります。

本当に見応えのある映画でした。DVDがリリースされたら改めて観るつもりです。





.
言語を検出 » Hungarian
Bár ez nem olyan, mint ez a módja, ráadásul propaganda az emberek idéző ​​csak abban az esetben olyan ostoba igazán.
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
Én csak lehet fejlesztésének új repülőgép ... talán ez a helikopter egy Black Hawk bázis-e igazán.
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
Azt hiszem, ez nem volt egy könnycsepp származik puszta szomorúság.
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
Én csak lehet fejlesztésének új repülőgép ... talán ez a helikopter egy Black Hawk bázis-e igazán. Mivel vannak példák az F-117A lopakodó Mert lehetett volna teljes mértékben eltitkolta felhasználásával hamis információkat. Még mindig emlékszem a megdöbbenés, mit tett, amikor először láttam képeket a F-117A. Ez tényleg sokkolt.
言語を検出 » Hungarian


18
Category: カメラ&レンズ   Tags: PENTAX_Q  01_STANDARD_PRIME  

PENTAX 01 STANDARD PRIME 8.5mm F1.9

ビックカメラのポイントがそこそこあったので、土曜日に散歩ついでに買ってきました。

Qマウント "01 STANDARD PRIME 8.5mm F1.9"35mm版換算約47mmの標準単焦点であります。
02ズームも使い勝手がよろしいので気に入ってますが、やっぱりこのカメラにはコンパクトな単焦点が似合いますね。
ちょろっと試しに撮ってみましたが…このレンズは凄く良い。外見からは想像出来ないぐらいの素晴らしい解像感です。

130218_01

この01
を付けた姿はQの「正装」といった感じ。このコンパクトな佇まいはワクワク感満点。
これなら冬場はポケットにも入っちゃいそうです。自分は入れませんけど。

130218_02

お遊びでメタルフードを付けてみました。
あまり意味無いですが。純正フジツボはそのうち買おうかなと。
あとはストラップをなんとかしようかと思っています。レンズと一緒にひとつ買ってきたんですけどね。完全にハズレでした。
長さ調節はしづらいわ強度はないわで、アタマに来てゴミ箱へ。やっぱりそれなりの品質の本革ストラップにするつもりです。
色はダークブラウンあたりが良いかなと。ホワイトボディに明るい色の組み合わせだと「カメラ女子」になりそうな(笑)
そのうち貼り革キットでも試してみようかとも思いますが、白ボディだと迷いますね。なかなか難しいです。

130218_03


お天気が良ければ今度の休みにでも横浜をフラついて写真なんぞ撮ってみようかと思っています。
こういう風に思えるのもQ様のおかげですかね。なんだかよくわからんけどもなんとなく撮りたい気分にさせてくれると。


ささやかではありますが、ひとつ楽しみが増えた気がします。





Nélkül diszkomfort
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
35mm
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
Dress up? Próbálok gondolkodni, vagy
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian

テーマ ★カメラ&レンズ・機材    ジャンル 写真


15
Category: 羽田 Tokyo Int'l Airport, RJTT   Tags: D300S  300mm_f/2.8G  TC-17E_II  PENTAX_Q  02_STANDARD_ZOOM  

羽田空港D滑走路モーニングクルーズ -その2-

今回初めて船上からの撮影というものをしてみたわけですが、自分なりに感じたことなどをあれこれ書いてみます。

船上での撮影と陸上でのそれとで最も違う点といえば、やはり「船の揺れ」ですかね。当たり前っちゃ当たり前ですが。
機体が完全に空に抜けてしまえばどうということもないですが、水平を取らなければならない場面ではかなり気になります。
特に被写体がフレーム一杯になるような場面では、撮影時にそれなりに水平出しをしておく必要があるのでかなり気を遣います。
言うまでもなく船はランダムに揺れるわけで、そういう時にはしょうがないので連写で数打ちゃ当たる的に撮りましたが…。

130214_01
1/1250  F9  ISO200  Manual Exposure

130214_02
1/1250  F11  ISO200  Manual Exposure

130214_03
1/100  F4.5  ISO250  Aperture Priority AE  EV-0.3,  Custom Image: Bleach Bypass

撮影に際しての船の位置取りについては船長さんにお任せなので何とも言えませんが、悪くはなかったですよ。
ただ、これはあくまで自分の感覚ではありますが、絶対的に時間が足りないなと。現地1時間ちょいだとあっという間です。

05上がりが順光で撮れるのは良いんですが、もう少し時間を掛けて移動しつつ落ち着いて撮りたいとは思いましたね。
参加者の使用するレンズはそれぞれ違うわけですから、そこらも考慮してもう少し移動に時間を掛けて欲しいところです。
羽田のトラフィックなら好き放題撮れるという印象もあるかもしれませんが、実際にはそうでもないという感じでしたから。
狭く揺れる船上では足を踏み変えるのにも僅かに立ち位置を変えるのにも意外に気を遣うために時間が掛かります。
通常なら無意識に出来る動きをいちいち意識しなければならないので、事前に思っていたほどには撮れませんでしたね。
なので4,000円という費用も含めて考えると現地2時間は欲しい。時間的に現状維持なら3,500円ぐらいが妥当かなと。
自分はお値段云々に関してはかなり鈍いほうなんですが、今回は率直に「4,000円はちょっと高い。」と。そう思いました。


130214_04
1/1000  F9  ISO200  Manual Exposure

130214_05
1/500  F4.5  ISO250  Aperture Priority AE  EV-0.3,  ND Filter,  Custom Image: Bleach Bypass

130214_06
1/1250  F11  ISO200  Manual Exposure

130214_07

1/1000  F8  ISO200  Manual Exposure


心配していた水しぶきに関しては、かなり海が穏やかだったので幸いにも被害を受けずに済みました。
念のために使い捨てのレインジャケットを一応持参しましたが、時間が短かったこともあって結局使わずに終わりました。
ただし短時間であっても機材は潮風にさらされるわけですから、特にレンズに関しては事後の手入れも含めて要注意かなと。

130214_08
1/800  F4  ISO250  Aperture Priority AE,  ND Filter,  Custom Image: Bleach Bypass

130214_09
1/640  F4  ISO250  Aperture Priority AE,  ND Filter,  Custom Image: Bleach Bypass

このクルーズで使用されている「サンタ・バルカ号」の後部デッキには屋根用フレームがあるので広角だと邪魔になりそうです。
超広角で頭上を通過する機体を撮りたいような時には、
少々狭いですが操舵室前のスペースでないと難しいかもしれません。
ちなみにキャビンは空調完備。トイレもあります。トイレはメンタル的にも非常に大切な要素です。

130214_10
1/1000  F10  ISO200  Manual Exposure

今回は船の揺れも大したことはありませんでしたが、機材を持って立っている時には常に注意が必要ですね。
特に重量級の機材を使う場合には、常に手摺の近くに立って注意を払っていないとバランスを崩した時に危険だと思います。
サイドの通路を歩く際にも常に手摺を使って慎重に移動しないと。機材ごと落ちたらシャレになりませんから。ほんとに。
こういう撮影条件ではとにかく焦らないことが肝心ですね。多少撮り損ねても必要以上に気にせず冷静に安全第一で。


130214_11

1/160  F4  ISO250  Aperture Priority AE,  ND Filter,  Smart Effect: Bold Monochrome


130214_12
1/60  F4  ISO1250  Aperture Priority AE  EV-0.3Smart Effect: Bold Monochrome

< Nikon D300S with MB-D10, AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II, Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II, Nikon Capture NX 2.3.5 W / 2.4.0 W >
< PENTAX Q, PENTAX 02 STANDARD ZOOM 5-15mm F2.8-4.5, SILKYPIX Developer Studio 3.0.0.8 for PENTAX >


こういうツアーの参加者にはそれなりに目的がありますから、リピーターになるか否かはそれに対する満足度次第ですね。
目の付けどころはとても良いと思います。夕方のツアーもありますし。出来ればそちらも一度参加してみたいとも思います。
が、どちらもリピートするかどうかは微妙なところです。しつこいようですが、自分の感覚では現地での時間が短すぎるので。
船の運航には制限もあるでしょうし他にも様々な理由があるとは思いますが、時間と価格のバランスがいまひとつかなと…。
時間の使い方=その時その場面で撮れるものをどう撮るか、は自分次第ですが、時間的制約はどうにもなりませんから。

こんな感じで、お気楽なヒコーキ写真屋なりの不満点もありましたが、ツアー自体はとても好印象で楽しいものでありました。
日曜の朝に船に乗って…ということ自体が非日常的な感覚に溢れてますしね。ただし「撮る」となると、それはまた別の話というわけで。

念のために付け加えておきますと、船長さんを含めスタッフの方々の対応はとても好感の持てるものでした。
今後もまた違った企画が出てくるかもしれませんが、自分としては大いに期待しています。頑張って欲しいですね。


言語を検出 » Hunga
Ez egy kis kis
言語を検出 » Hungarian
Túl hosszú szöveg!
言語を検出 » Hungarian
.
言語を検出 » Hungarian
以上、冬の羽田沖でのチョイ撮りのお話でありました。

Flickr: Haneda Airport D-Runway Morning Cruise




Nem volt nagy ügy, de stabilabb hajó ez alkalommal, amikor állt a berendezés, hogy mindig legyen óvatos. Úgy gondolom, hogy veszélyes, ha elveszíti egyensúlyát, ha szeretné használni nehézberendezések különösen, és nem figyel mindig közel állt a korlát. Nem használom a kapaszkodó mozgatni óvatosan, ha végigsétálunk a folyosón mindig az oldalon. Mert én nem szójáték csökkent az egyes berendezések. Tényleg. Shooting feltételeket úgy, hogy a hangsúly nem egyébként elengedhetetlen. A biztonság az első nyugodtan nem kell aggódni, hogy nagyobb, mint a szükséges, akár hátrányára néhány.
言語を検出 » Hungarian
Rendben
indulatszó rendben,rendben van,helyes
ige helybenhagy,jóváhagy
言語を検出 » Hungarian
0
言語を検出 » Hungarian
<Nikon D300S az MB-D10, AF-S NIKKOR 300 mm f/2.8G ED VR II AF-S Ai TELEKONVERTERT TC-17E II, Nikon Capture NX 2.3.5 W / 2.4.0 W> <PENTAX Q, PENTAX ZOOM 02 STANDARD 5-15mm f/2.8-4.5, SILKYPIX Developer Studio 3.0.0.8 for PENTAX>
言語を検出 » Hungarian
Flickr: Haneda Repülőtér D-Runway Morning Cruise
言語を検出 » Hungarian
Custom Image:
言語を検出 » Hungarian
Hajlása mindig rögzíteni
言語を検出 » Hungarian
Hey
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
Kemény
melléknév kemény,nehéz
határozószó keményen
言語を検出 » Hungarian
f /
言語を検出 » Hungarian

テーマ 航空機    ジャンル 写真


13
Category: 羽田 Tokyo Int'l Airport, RJTT   Tags: D300S  300mm_f/2.8G  TC-17E_II  PENTAX_Q  02_STANDARD_ZOOM  

羽田空港D滑走路モーニングクルーズ -その1-

210日の日曜日は、例の「羽田空港D滑走路モーニングクルーズ」に参加して撮ってきました。
京浜フェリーボートさんのこのツアーは、横浜・大さん橋から小型船で羽田沖に行き、そこで写真を撮れるというもの。
詳細はウェブサイトをご覧くださいませ。他にも色々なクルーズがあるようですよ。殆ど横浜ですけどね。

今回はこんな感じの装備で出掛けました。
ヒコーキ用にD300S & サンニッパ+1.7テレコン、スナップ用には先日購入したQを連れて行くことにしました。
カメラバッグひとつでも良かったんですが、乗船してしまえば荷物を持ち歩く必要はないので今回はふたつに分割。
サンニッパはテレコンを付けて純正ケースに。フタのベルトが調節出来るので高さはOK。ハンドルは邪魔なので外しました。
で、ロープロのメッセンジャーバッグに縦グリ付きD300SやらQやらなんやら。12-24mmは迷いましたが今回はやめました。

130212_01

出発地の大さん橋には、
みなとみらい線・日本大通り駅から徒歩数分で到着。
自宅からは約40分。
以前は通勤で日本大通りを使っていたんですが、こっち側に来ることは殆ど無かったのでちょっと新鮮でした。

130212_02
1/500  F4  ISO250  Aperture Priority AE,  ND Filter,  Custom Image: Bleach Bypass

ライフジャケットを着用してSANTA BARCA(サンタ・バルカ)号に乗り込み、8時半出発。今回の参加者は18名でした。

130212_03

1/800  F5  ISO250  Aperture Priority AE  EV-0.7,  ND Filter,  Custom Image: Bleach Bypass

湾岸線の内側を通って約30分で羽田沖着。この日は北西の風。34L降りと05上がりの機体が撮れました。

130212_04
1/1000  F8  ISO200  Manual Exposure

130212_05

1/1250  F11  ISO200  Manual Exposure


強烈な海レフ。今回このクルーズに参加したのはコレが撮りたかったから。到着後数分でまずは目的達成であります(笑)
ハイライトがぶっ飛ばないようにと思って露出を決めてみましたが…そこそこイメージ通りにはなりました。自己満足です。

130212_06
1/1250  F11  ISO200  Manual Exposure

とはいっても同じアングルで同じような機体ばかりではすぐに飽きるので、可能な範囲内であれこれと。
…撮ったつもりにはなっていたんですけどね。改めてチェックしてみたら別にどーってことはありませんでした。

130212_07

1/1600  F10  ISO200  Manual Exposure


海が穏やかだったので船の揺れはたいしたことはなかったはずですが、撮るとなるとやはり陸の上とは全く違いますね。
初めてVRのアクティブモードとやらを使ってみましたが、今回はそれにかなり助けられたのではないかと思います。

130212_08
1/1250  F10  ISO200  Manual Exposure

130212_09

1/1250  F11  ISO200  Manual Exposure


130212_10
1/2000  F4.5  ISO250  Aperture Priority AE  EV-1.3,  ND Filter,  Custom Image: Bleach Bypass

< Nikon D300S with MB-D10, AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II, Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II, Nikon Capture NX 2.3.5 W >
< PENTAX Q, PENTAX 02 STANDARD ZOOM 5-15mm F2.8-4.5, SILKYPIX Developer Studio 3.0.0.8 for PENTAX >


合間にQでちょこちょこと海やらなんやらを撮って遊んでみましたが、けっこう面白かったですね。
カスタムイメージの「銀残し(Bleach Bypass)」、スマートエフェクトの「ハードモノクローム」と「Auto110モード」はなかなか良いです。

ただ、日中屋外では液晶がちっとも見えないのがツライすなぁ。たいしたものじゃなくていいからEVFが欲しいところですよ。
それに背面液晶を見ながら、という動きにも慣れていないので、無意識に目を近付けちゃうんですよね。液晶画面にペタっと。

そんな感じでQ太郎でも楽しみつつ、今回は他にもあれこれと自分なりに思うところがありました。

次回はそのあたりのことを書くつもりです。




言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
Szomszédság
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
f /
言語を検出 » Hungarian

テーマ 航空機    ジャンル 写真


04
Category: カメラ&レンズ   Tags: PENTAX_Q  02_STANDARD_ZOOM  

PENTAX Q

土曜日に行ったCP+。写真は殆ど撮らずに2時間半ほどウロウロしてから帰宅しました。
気分を変えてオネーサン達を撮ろうと思ったところでスピードライトも適当なレンズも無いわけでして(笑)
今後はその辺りをちょっと揃えて、人物撮りにも挑戦してみようかな~…なんて、ちょっと思いました。

少しだけ楽しみにしていたニッコール80周年云々の展示は少々期待外れでした。
トキナーブースで発売前の70-200mm F412-28mm F4を触ることが出来たのは良かったですけど。
70-200 F4の発売予定は5月頃、実売10万円前後になるのではないか、とのことでした。
12-28ともども、個人的にはちょっと楽しみなレンズであります。

洲崎さん撮影のブルーインパルスT-4のパネルが飾られていたペンタックスブースもウロウロ。
お試しカウンターではビューファインダー付きQ10を発見。ちっちゃくてかわいいので思わず凝視しちゃいました。
触らせてもらったら、「おっ、いいじゃんコレ!」という感じで。カラバリも100種類と豊富で面白そうだなと。

Qシリーズについては一応それなりに知ってはいましたが、帰宅後に改めてネットであれこれ調べて…
どうにも欲しくなってしまって "Q" を購入!最新のQ10のカラバリも面白そうだったんですけども。
少し重くて精密感のより高そうなマグネシウムボディで価格も安い先代のほうを選んでみました。

130203_01

やはりこういうのは目先の必要性云々ではないなと。愛玩物的魅力ですかね。"Q" という名前も愛嬌がありますし。
バッグにポンと入れておいて、何か目に付いたらとりあえず撮ってみるとか。そういう使い方が一番良さそうです。
航空祭等でもわざわざD300Sとか出さなくても、コイツを首から下げておけばスナップ的に色々撮れますしね。

より精密感のあるブラックと少々迷いましたが、レンズがシルバーなのでホワイトにしてみました。
真っ白ではなく落ち着いたオフホワイトがなかなか良い雰囲気。レンズがブラックならブラックボディでしたね。

父親はペンタックス&オリンパス→ニコンと使ってきた人でしたが、自分にとってはこのQが初のペンタックスです。
カテゴリーは異なるものの、ニコン以外のカメラを手にするのはなかなか新鮮です。マウントの回転方向も逆ですしね。

130203_02

本当は単焦点の01が欲しかったんですが…とりあえず、ということで一番安い02ズームレンズキットにしました。

130203_03

130203_04

改めて持ってみると本当にコンパクト。思わず笑っちゃうぐらい。凄いですね。こういうところはさすがペンタです。
他にも一応比較検討はしたんですけどね。Pen LiteとかNikon 1とか。でもQのこの圧倒的な小型軽量ぶりには敵わず。
ここまで小さいとこれ自体が魅力になり得ます。画質面では少々不利であっても、それを許容してしまう魅力があります。

デザインも落ち着いていて良いと思います。これ見よがしの「レトロ」や「今の時代」を強調するわけでもなく。
両者をやんわりとミックスしたような、控え目ではあるけれどとても機能的で無駄の無いデザインだと思いますね。

130203_05

自分の場合はセンサーサイズ云々よりも、一眼レフと明確な住み分けが出来るモノが欲しかったんですよね。
もちろん画質は大事ではありますが、それをあまりに執拗に求めてしまうと住み分けが曖昧になりそうな気がしました。
こういうモノに求めるスペックやら画質やらはある程度割り切ってしまって、お手軽に楽しんだほうが健全ではないかなと。
その点においてQはとても魅力的なカメラだと思います。コンセプトの明確さが伝わってくるカメラには愛着も湧きますし。
細部の質感もグッドですよ。自分としてはマグネシウムボディのQを選んで正解でした。Q10の軽さも良いですけどね。

130203_06

ズームを付けると少々ボリュームがありますが、それでもコンパクトであることに変わりはありません。
単焦点だったらポケットに入っちゃいそうです。そのうち01を買ったらビューファインダーも付けたいところです。

同梱ソフトはSILKYPIXですが、以前お試し版を目一杯使ったことがありますし使い易いので問題無さそうです。
このカメラの場合はRAW云々よりもJPEGで気軽にパシャパシャ撮って楽しむ、という感じなのかもしれませんけども。

130203_07

今日届いたばかりなのでまだ殆ど撮っていませんが、これからじっくりと使い方を覚えていこうかと思います。
Qマウントはレンズも安いので、ラインナップが増えてきても気軽に買って楽しめそうです。
今後はペンタの動きも気にすることになりそうです。これで自分も一応はペンタックスユーザーですからね。

久しぶりに良いお買い物をしました。




12-28mm F4
言語を検出 » Hungarian

言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
Ez is egy digitális tömb is vagyok balfasz nosztalgia inkább ellenszenves. Tetszik a légkör, mint magadat.
言語を検出 » Hungarian
Bár kellett vennem egy olcsó benyomást több, próbáltam, hogy teljesen más. Texture nagyon magas.
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian

テーマ ★カメラ&レンズ・機材    ジャンル 写真


01
Category: その他もろもろ   Tags: D300S  300mm_f/4D  TC-14E_II  CP+  

今年のCP+

明日、土曜日はCP+に行く予定です。本当は今日行きたかったんですが、休みが取れずちょっと無理でした。

昨年はD4D800の発表で雰囲気的には盛り上がっていましたが、今年は少々寂しい感じではあります。
まぁ、昨年も話題は殆どフルサイズ中心だったので、個人的にはそれほどの盛り上がりはありませんでしたが。

今回はどこもミラーレスミラーレスミラーレスミラーレス…ってな感じで、ぶっちゃけ食傷気味ではあります。
しかし「ミラーレス」という単語を見過ぎたせいか、Nikon 1 J1の激安レンズキットでも買うか!とか思っちゃいましたよ。
先日、近所のニコンユーザーの友人と飲んだ際に「チョイ撮りならもうニコワンでもいいんじゃね?」などと言ってみたところ、
「アレはないわ。」とか散々コキ下ろされたのでやめましたけど(笑) 見慣れてきたせいか結構好きなんですがね。Nikon 1
S1のカーキとか結構好きなんですけどねぇ。でもS1はあのサイドの丸みが自分としてはNGでして。アレが直線ならねぇ。

しかし冷静に考えてみたら「どこで使うのよ?」ってな感じもありますね。普段写真なんて殆ど撮らないですし(笑)
小旅行やらイベントやら、はたまた航空祭等でも基地内外でのスナップ的な用途には使えるのかなぁ、とは思いますが。
でも今は旅行なんてあんまり行かないし、イベントはあんまり好きじゃないし、基地でもレンズ換えれば済んじゃうし。
使うんだか使わないんだかわかんないモノのためにわざわざマウント増やすのもアレだよなぁ…なんて思って。

やっぱり要らないんでしょうね。要らないものに興味が湧かないのは当たり前っちゃ当たり前ですな…。

明日はニッコール80周年記念展示と、他ブースをひと通りサラっと見て回ろうかなと。
トキナー12-28mm F470-200mm F4はちょっと楽しみです。12-28が良さそうなら12-24から買い替えたいすなぁ。
今回はカメラバッグやらなんやらのモロモロを中心に見て回ったほうが楽しめそうです。



B737-800, 城南島海浜公園
130201_01
1/1000  F8  ISO200  Aperture Priority AE  EV-0.3
< Nikon D300S with MB-D10, Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED, Ai AF-S TELECONVERTER TC-14E II, Nikon Capture NX 2.3.5 W >



で、210日は「羽田D滑走路モーニングクルーズ」という某ツアーで写真を撮ってくる予定です。
横浜から船で羽田に行き、空港周辺の海上でヒコーキの写真を撮れるという、往復23時間程度のクルーズです。
JAAP瀬尾さんが講師の船上撮影会というものを開催していますが、イメージ的にはあんな感じかなと思います。
12月にNHK
紹介されたのをたまたま見て、こりゃ面白そうだな~と思いましてね。試しに行ってみることにしました。
飛行機写真を撮るのが好きな人々をターゲットにして始めたツアーとのことで、なかなか好評のようであります。

ウチから大桟橋ふ頭までは45分ぐらいで行けるので、撮影機会として使えるようであれば定期的に参加したいな~と。
どんな写真が撮れるのかはまださっぱりわかりませんが、お天気さえ良ければかなり楽しめるのではないかと思います。
でも水飛沫には気を付けないといけませんね。そのあたりをどーしたもんかなぁと…現在思案中であります。

…今回はこんなところです。




Mivel a saját
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
Éppen
言語を検出 » Hungarian
Közötti kapcsolat fényképészeti kellékek
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
2
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
18D
言語を検出 » Hungarian
Jaap で
言語を検出 » Hungarian
Véletlenül
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian

テーマ 航空機    ジャンル 写真



2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
14
16
17
19
20
22
23
24
25
28

top bottom