Vapor Trails

- Aviation Photolog -


07
Category: カメラバッグ   Tags: DOMKE  

DOMKE F-2

言うまでもなく、ドンケはクラシックスタイルのバッグ。中でもF-2は "Original"、ドンケの原型です。
ドンケについて今更ここであーだこーだと書く必要もないので、そのあたりに関しては省略しますけど。
カメラバッグの話題は好きなので、ここはひとつ自分なりのインプレッションなどを書いてみようかなと。

色は迷わずオリーブをチョイス。落ち着いた良い色です。
111006_01.jpg 

付属のインナークッション。これはちょっと使いづらいですね。
昔の細いレンズに合わせて作られたんでしょうから、今となっては少々半端な感じはします。
111006_02.jpg 

裏側。側面のクッションは底から引き出せます。ここらは案外芸が細かいなと。
111006_03.jpg 

底板の表と裏。
111006_04.jpg 
111006_05.jpg 

左右(持っている時は前後か)のポケットはかなり容量があります。
バッテリーやらメディアやらレシーバーやらの類は全部ここに収納可能。
ボディもD40程度の大きさならすっぽり収まっちゃうので便利ですね。 
111006_06a.jpg

ベルトはショルダーのほかにもう一本。 ハンドルとして使えます。
ちょっと移動したい時にコイツを掴むと便利です。背面のオープンポケットもナイス。
111006_07.jpg 

フロントにもポケットが二つ。ペン用ポケットも装備されているのが助かります。
111006_08.jpg 

使ってみて唯一不満に思ったのがこれ。フラップの金具。重いし当たると痛いし音うるさいし。
後述しますが、ショルダーベルトのジョイントには樹脂を使っているのに何故にココが金属?と。
ここは大して強度は必要無いし、室内でフラップを開けた状態であれこれやっている時なんか、
コイツが床に当たってガチャガチャほんとにうるさい。マンションでフローリングだと気になるんですよ。
撮りに行く前の晩に準備をしている時なんかイライラしますね。ここは樹脂に変更したほうがいいですね。
ま、ドンケってのは「自分でモディファイしてね」ってなスタンスなんで、変更なんかしないでしょうけど。
コイツはそのうち自分でテキトーなものに交換しようかなと。ちょっと面倒ですけど。
111006_09.jpg 

撮影中はこうしておかないと邪魔でしょうがないです。
111006_10.jpg 

で、収納力。自分の場合は大体こんな感じですかね。
D300S、300mm f/4D、12-24mm F4、50mm f/1.8Gを入れて若干の余裕がある状態。
エンドに撮りに行く時には50単は持って行かないので、充分なキャパシティでありますよ。
111006_11.jpg 

さすがにサンヨンは縦には入らないので横に。で、その上がデッドスペースになります。
標準ズーム程度ならクッションかましてここに入れてしまえば問題ないですね。
111006_12.jpg 

ショルダーベルトのジョイントは樹脂です。
ネットであれこれ調べていたところ、コイツの折損による事故も起きているとのこと。
なので、念のためにカラビナをかましてやりました。登山用の高強度なモノならベストでしょうね。
まぁ、画像のような安物でも、いきなり落下して機材破損という事態はとりあえず防げるのではないかと。
111006_13.jpg 

Nikon D40, AF-S Nikkor 18-55mm 1:3.5-5.6G II ED



この程度の機材重量なら、肩に担いで歩きまわっても大したことはないですね。
ロープロのフリップサイド300もD300Sにサンヨンとテレコン付けたまま入るので便利ですけど。
オーソドックスなショルダータイプのほうがやっぱり色々と使い勝手は良い気はしますね。

対衝撃性云々については自分は全然気になりませんね。底面はしっかりしてますし。
移動時にはレンズにさえ注意してやれば問題ないですし、ボディに関しては気にしないですね。
多少の傷はしょうがないことで、そもそもニコンのボディが逝っちゃうような衝撃なら諦めると(笑)
ただ、とにかく「絶対に傷は付けたくない」という人には、このバッグは不向きかもしれません。

ドンケに関してはファンも多いためか、その良さについてやや誇張気味な意見もありますが、
やはり諸々のフレキシビリティーに関しては、さすがと思わせるものがありますね。確実に。
よく言われる「腰回りにフィットして安定する」というのもそうですし。これは歩き易いですよ。
長い時間を掛けて定番化したモノというのは、やはり色々と美点を備えているんだなと。

もちろん好みもありますし、昨今は「オシャレか否か」が基準となる人も多いんでしょうけどね。
カメラバッグ選びは難しいものですが、迷った時にはいいかもしれませんよ。ドンケ。

こんな感じで、F-2は予想通りにかなり満足度の高いバッグでした。
これからじっくりと使い込んでいこうかと思います。汚れたら丸洗いもできますしね。

ということで、次回更新はいつになることやら…。


s
rövidítés dél
言語を検出 » Hungarian
関連記事

テーマ ★カメラ&レンズ・機材    ジャンル 写真



 

Comments

Edit見た目と収納力のギャップ
今はF-3xですが以前F-2持ってました。

最近他社製バッグも使うようになったのですが、見た目の印象に比べてあまり中身が入らないように思えちゃうんですよね。ドンケが異常なんだな、と最近気づきました。

独特のF-2の佇まいが懐かしいので、また買うかもです。
Edit
だんさくさん

ペラペラで良いのであれば、どこのメーカーでも同じものは出来ると思います。
個人的にはF-2も思ったより入らないよね、という印象がありますけどね。
でもまぁ、なんだかんだ言ってもF-2は良いバッグです。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom