Vapor Trails

- Aviation Photolog -


15
Category: 千歳 JASDF Chitose AB, RJCJ   Tags: D300S  300mm_f/2.8G  TC-17E_II  AT-X_124  

2013年 千歳基地航空祭 -No.2-

昨夜友達と軽く飲んだ後に続きをアップしようと思っていたんですが…気持ち悪くなっちゃってダメでした。
お腹は痛いし吐き気はするしでもう最悪。室内熱中症か?なんて思いましたが、そうではなかったようです。
いずれにしても夏場の体調管理はちゃんとやらないといけないなぁと…少々反省しました。やれやれ。

幸い今日はすっかり回復して体調も万全なので、また千歳ネタを。

130815_01
1/1000  F8  ISO200  Manual Exposure

130815_02
1/1000  F8  ISO200  Manual Exposure

今回も基地内には入らず、基地東側の南千歳駅付近をウロウロしました。
金曜日は駅前の陸橋からF-15の上がりやらシグナスやらエアライナーやらを、午後にはブルーを。
ブルーは金土共に飛ぶのがわかっていたので、とりあえず高い位置から様子を見てみようというわけで。
撮りながら課目ごとに進入方向のチェックをして、翌日以降の位置取りの参考に出来ればいいかなと。

130815_03
1/1000  F8  ISO200  Manual Exposure

ブルーは編隊での縦系の頂点付近を中心に狙おうかなぁと。ソロは小さいし遠いしで難しいですから。
ソロは他を捨てて進入や離脱をピンポイントで上手く狙わないと迫力ある場面はモノに出来ないですよね。
千歳はランウェイエンドからフェンスまでかなり距離もありますし、今回はそこまでは考えませんでした。

結果的に縦系は予行でちょこっと撮れただけでしたが、自分としてはなんとか納得はできました。
たったの1枚か2枚なんですけど、全く満足出来ないショットを何百枚も持って帰るよりいいのかなと。

130815_04
1/1600  F8  ISO200  Manual Exposure

130815_05
1/800  F8  ISO200  Manual Exposure

土曜日は少し移動。南千歳駅から国道36号線沿いに1.2km程度北上したところへ。
ま、予行はブルー以外無いだろうなというのはわかってはいたんですが、とりあえずという感じで。
F-15は北風ならエンド付近でTACディパーチャーもどきをやるかもしれないなぁと思っていたのと、
F-2のAGGも低高度で進入してくれば離脱時にヒネリでも見せてくれるかなぁ…なんてことを考えて。
結果的には案の定なーんにもなかったわけですけどね(笑)

130815_06
1/1000  F8  ISO200  Manual Exposure

土曜日は都内から来られたという方と朝からご一緒させてもらいました。
キヤノンのロクヨンを立てて待機しておられたので、行きのタクシーからもよく見えましてね(笑)
通りがかった時にすぐに「あ~どうもどうも」みたいな感じで。日曜日もご一緒させてもらいました。
Oさん、現地では色々とありがとうございました。まぁ、こんなブログは見ていないとは思いますが…。

で、彼も同じような感じを狙っていたようで、予行が無さそうだというのはわかってはいたものの、
撮るのが目的で来てるんだからとりあえず待とうよってな感じで、あれこれ話しながらまったりと。
結果的には前述の通りブルーまで何もなかったわけですが。ヒマすぎて話が弾みましたよ(笑)

130815_07
1/800  F8  ISO200  Manual Exposure

土曜日のブルーの予行では、この位置でボントンロールがドンピシャで直上通過でした。
が、東側の視界が効かないので進入してくる編隊が全く見えず、完全にタイミングを逃しちゃいました。
スモークを切った編隊が頭上を通過する瞬間を広角でスピード感たっぷりに収めたかったなぁと。
今回の最大の失敗がコレでありましたよ。ちゃんとレンズ交換して待ってたんですけどね。やだやだ。

130815_08
1/1000  F8  ISO200  Manual Exposure

日曜日も午前中は土曜日とほぼ同じ位置、ちょい北寄りで。朝早い時間帯に南風になっちゃいましたけど。
F-15の機動飛行ではちょうど旋回の中心に近い感じでした。それ自体はさほど重要ではなかったんですけども。
単純に背中バックリな写真ってのはそれこそ誰でも撮っているので、自分としては何かプラスアルファが欲しい。
ただ単にキレイに機体を収めるのではなくて、なんというかF-15特有の猛禽類的な獰猛さを表現したいなぁと。
単純にアップで機体が写っていればいいというものでもなくて、もっとこう、大気を切り裂く感じというか。
空自の機動飛行の範疇でそういった場面を見出して、しかもカタチにするというのは簡単ではないですが…。

旋回を終えた機体が東側に抜けつつピッチアップして大きくバンクをとるような場面を撮りたかったですね。
そこの一連の機動で背中に盛大にベイパーが出るようなシーンを順光でガッチリ捉えたかったんですけど。
でも結局そういった場面は殆ど見られず…今回は色々と見事に外しまくったというわけでありますよ(笑)

130815_09
1/1000  F8  ISO200  Manual Exposure

今回はオマケでD40を持って行くつもりでしたが、意外と荷物が増えたのでボディはD300Sだけにしました。
広角は使える場面がさほど多くなかったとはいえ、やはり可能であれば2台体制のほうがラクではあります。
ただ、D400が出たとしてもD300Sを広角用に回すのはちょっと厳しいかなと。51点AFは使えるんですが。
広角用にフルサイズを…なんてことも考えちゃいますね。APS-Cは色々と耐性が低くて辛いものがあります。
濃い空のグラデーションなんかにはそこらの弱点が顕著に出ちゃう感じで。中古のD700が欲しいなと(笑)

D600に16-35mm f/4Gとか悪くないかなぁとも思うんですが…なんだかんだで結構な額なんですよね。
ゆくゆくはAPS-Cとフルサイズの二本立てでいこうと思ってはいるので、これはそのうち考えましょうか。
問題はフォーカスポイントが中央に集中しすぎているところですかね。広角では端っこも使いたいので。

130815_10
1/1250  F8  ISO200  Manual Exposure

< Nikon D300S,
AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II, Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II,
Tokina AT-X 124 PRO DX II 12-24mm F4, Nikon Capture NX 2.4.3 W >



「言うは易く行うは難し」を今更ながら実感した今回の千歳。まぁ、実感するのはいつものことですが。
遠いところまで来たんだからとかあれこれ余計なことは考えずに、単純に欲しいイメージを追うべきかなと。
あれもこれもむやみに追うのではなくて、フライトごとに1枚でもいいから自分なりに狙った写真を撮れれば。
未熟ではあっても、自分なりに「コレいいんじゃない?」と思える場面をモノに出来ればいいと思いますよ。
まぁ…いつも結果はアレなわけですがね。そんな結果を晒すのもこれまた一興かと。

自分でも何が言いたいのかわけがわからなくなってきたのでここらへんにしておきます。

写真が底をついてきましたが、グダグダな文章と共に千歳ネタはもう少し続けるつもりです。




関連記事

テーマ 航空機    ジャンル 写真



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom