Vapor Trails

- Aviation Photolog -


02
Category: 旅行   Tags: D300S  16-85mm_f/3.5-5.6G  

立山黒部アルペンルート

だいぶ時間が経ってしまいましたが…お盆休みはちょいと旅行に行ってきました。
「立山黒部アルペンルートと黒部峡谷トロッコ電車」一泊バスツアーでありますよ。
写真を少し撮ったのでネタ不足解消にアップしてみます。
順番はゴチャゴチャですが。

130902_01
1/200  F11  ISO200  Manual Exposure

130902_02
1/160  F8  ISO200  Manual Exposure

トロッコ電車は片道一時間。背もたれなしの狭いベンチシートに大人四人ってのはちょっと厳しいですね。
往路は外側だったので写真も撮り易かったですが、復路は内側に座ったので到着までひたすら我慢でありました。

130902_03
1/320  F11  ISO200  Aperture Priority AE  EV-0.3

130902_04
1/60  F16  ISO200  Aperture Priority AE  EV-0.3

130902_05
1/40  F8  ISO200  Aperture Priority AE  EV-0.3

130902_06
1/125  F16  ISO200  Aperture Priority AE  EV-0.3

宿泊は富山市内の某ホテル。夜景がとってもキレイでしたよ。
早朝に路面電車のセントラムが交差点をビューンと曲がって行きました。ちょっと欧州テイスト。
その時はカメラを持っていなかったので撮り損ねました。やっぱり常に持っていないとダメですな。
シルバーのシックなカラーリングでかっこよかっただけに少々残念でありました。

130902_07
3sec.
  F8  ISO400  Aperture Priority AE  EV-0.7

黒部ダムは物凄いスケール。
ダムの放水を見るのは初めてだったので圧倒されちゃいました。
「ダムマニア」がいるというのも頷けます。水煙に虹がかかって実に素晴らしい光景でありました。

130902_08
1/125  F16  ISO200  Aperture Priority AE  EV-0.3

130902_09
1/125  F16  ISO200  Aperture Priority AE  EV-0.3

今回レンズは16-85mmだけ。ドンケF-2に荷物を全部入れて身軽にして行きました。
12-24mm F4も持って行きたかったんですが、荷物を増やしたくなかったのでやめました。
でもやっぱり「もうちょい」と思う場面もけっこうあって。APS-Cで16mmは少々微妙な感じ。
確かに小旅行には便利なレンズではあるんですが、やっぱりワイド側が物足りないんですよね。
結局のところ一本でOKなんてのはないわけで、撮りたいモノがあるなら相応の労力は必要だなと。

ストラップはCARRY SPEED FS-PROで行きましたが、これには助けられましたよ。
一日中ぶら下げて歩いても腰回りで安定しているので実に快適。それなりに重いですけど。
改めて考えてみるとFS-SLIMはかなり軽い機材向けかな?という感じですかね。

130902_10
1/250  F16  ISO200  Aperture Priority AE  EV-0.3

< Nikon D300S,
AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR, 
Nikon Capture NX 2.4.3 W >

もっとたくさん写真を撮れると思っていましたが、なかなかそうは行きませんでした。
目の前に広がる風景を見て何かを感じても、それを写真の世界に変換出来そうな気がしなくて。
こういう写真なんか誰でも撮れるし。そう思うとなかなかシャッターが切れないというか。
写真的な企みがあって行ったわけではないんですが、カメラを持っているとつい思っちゃって。

別に無理して何もかも写真にしなくちゃいけないってことはないんですけどね。
ヒコーキだって、肉眼でというか、五感で感じる素晴らしさってのがあるわけで。アクロとかね。
記憶オンリーだからこその鮮烈さというものもありますし。自然に接すると毎度思うことです。
そんな感じで例によって「ま、いっか。」ってな感じではありました(笑)

しかし…日本の自然は本当に素晴らしいなと。改めて思いました。
荘厳で霊的で。ひたすら厳しいというのでもなく、どことなく柔らかさや優しさもあって。
日本人の自然観というのはまさにこの風土に育まれたものなんだなぁと。実感します。

若い頃は海外に長く住んでみたいと思ったこともありました。少し住んでいたこともありましたが。
でも今は日本がいいなと。日本の自然に接すると強烈に思いますね。この国で死にたいなぁって。
単に歳とっただけかもしれませんが。でも自分はやっぱりこの国の土になりたいと。そう思います。

出来れば身体がぜーんぶバクテリアに分解されて自然に戻るのが理想ですね。完全に消滅したい。
なーんにも残らなくていいんです。名前がどーのとか自分の血がどーのとか、どうでもいいの。
今の社会の仕組みの中ではなかなかそうもいかないわけですけども。

いずれにしても数十億年後には膨張した太陽が地球軌道にまで達して全て消えちゃうわけで。
有限のものは全て有限のまま、そのままであればいいと。自然も人間も。自分はただそう思います。

どーでもいいような写真から妙な話になってしまったところで終わりにします。

今月は久しぶりに厚木に撮りに行くつもりです。




関連記事

テーマ 旅の写真    ジャンル 写真



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom