Vapor Trails

- Aviation Photolog -


17
Category: 下総 JMSDF Shimofusa AB, RJTL   Tags: D300S  300mm_f/4D  AT-X_124  

9月28日は下総

今月は厚木で撮りたかったんですが…GWが出港しちゃったようで。またまたお預けです。
やっぱりライノのオーバーヘッドを見ないとダメすなぁ。最近ちょっと禁断症状が…やれやれ。

で、次の航空祭は小松…などと書いた後に思い出しました。今月28日は下総へ行く予定です。
地味なイベントではありますが、またまた今年もお邪魔して一日楽しんでこようかと思います。

P-3C, JMSDF Shimofusa AB
130917_01
1/250  F10  ISO200  Manual Exposure

下総はシャトルバスは待たないし渋滞無いし。エプロンもスカスカで(失礼)居心地が良いんですよね。
主な被写体はもっぱら体験搭乗のP-3Cになるわけですが、アレだってまだまだ工夫して撮れるはずだと。
P-3Cは昔から好きなヒコーキなので自分としてはさほど飽きないというか。厚木で散々見てるのに。

改めて考えてみるとP-3Cってけっこうフォトジェニックというか、なかなか魅力的だと思いますよ。
あのスパンの短い主翼に煙モクモクのターボプロップの組み合わせは正面から狙うとサマになりますし。
よく見るとけっこうとんがったスタイルというか。やっぱりロッキードだよなぁ…とか思っちゃって。
長年見ていても、こういうのって突然頭に浮かんできてしばらく考えちゃうんですよね。変なの。

US-2 & P-3C, JMSDF Shimofusa AB
130917_02
1/400  F16  ISO200  Manual Exposure

< Nikon D300S, Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED
Tokina AT-X 124 PRO DX II 12-24mm F4, Nikon Capture NX 2.4.3 W >

F-15のアフターバーナーでアドレナリンがドバドバ出ちゃうのはもちろん快感なわけですけどね。
一方で混雑とは無縁のエプロンで地上展示機を観察したり撮ったりしてのんびり過ごすのも楽しいと。
おもむろに機体に近寄ってコソコソと細部を観察するのも面白いですしね。色々と発見がありますから。
写真的にものすごく面白い場なのかどうか…それは毎回チラチラと疑問に思うところではありますがね(笑)

そんなことを考えながら、今は小松でのプランをあーでもないこーでもないと練っているところ。
アレをあそこであんな風に…アレはこっちでこうやって…みたいなね。まぁ妄想レベルですけども(笑)
多少なりともチャレンジ精神をもって臨めば、失敗しても成功してもそれはそれで納得出来るのかなと。
「撮れた」ではなくて「撮った」と思える写真を手にしたいとは思いますよ。ほんの数枚でもいいので。
中途半端なリサーチと技量ではそれも難しいわけですが…ま、そこは焦らず自分なりに楽しみつつ…。


今日はこの辺にしておきます。




関連記事

テーマ 航空機    ジャンル 写真



 

Comments

Edit
大型機ずくしも良いものですね。US-2はまだ見たことが無いので興味深く拝見させていただきました。

P-3Cと比べると大きさが伺えます。
Edit
HAZIKEさん

毎度ご訪問&コメントありがとうございますm(__)m

至近距離での大型機の迫力を堪能するのもまたイイものです♪

US-2は写真的にも非常に魅力がありますね。
下総では地上展示だけですが、今回もお天気が良ければ
出来るだけ撮ってこようかと思っております。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom