Vapor Trails

- Aviation Photolog -


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


27
Category: イベントいろいろ   Tags: D300S  16-85mm_f/3.5-5.6G  PENTAX_Q  01_STANDARD_PRIME  

PENTAX K-3 体感&トークライブ

日曜日なのでかなり混むかなぁ~と思ったんですが、そうでもありませんでしたね。
午前中はゆったりしていたので実機も試してきました。
ちょこっとイジった程度ですけどね。

このK-3、
飛行機写真用として考えてもスペック的には申し分ないと思います。
2,400万画素、14bit RAWで連続撮影23コマ。連写性能も8.3コマ/秒と必要にして十分。
後述の洲﨑氏によれば、フォーカスと露出をマニュアルにすると8.5コマ/秒程度にアップするとのこと。
測距は全27点中25点がクロスセンサーということで、これも実用上全く問題ないかと思われます。
今のところ一眼レフに関してはFマウント以外の導入予定はありませんが、これは非常に魅力的です。
ニコンに出して欲しいなぁ~と自分が思うAPS-C機のカタチというのは、ほぼこんな感じですから。

今日はD300SとQを持って行ったので、重さやサイズはD300Sと比較できました。
K-3はD300Sより40g程度軽いようですが、実際に手に持った感じでは殆ど変わらないですね。
サイズもD300Sより若干小さいですが、割と厚みがあるせいかけっこうゴロンとした感じでした。

午前中に始まった田中氏のセミナーでは開発担当者を交えてローパスセレクターの
説明等も。
モロモロを総合すると、APS-Cの最新機種として高バランスかつ多機能な万能機という印象です。
K-3、いいんじゃないですかね。DA300mm F4 EDと組み合わせたらとっても良さそうです。

131027_02


会場には洲﨑氏の作品も。思わずにじり寄って詳細に観察(笑)

131027_03

で、12時45分からはその洲﨑秀憲氏のセミナー、「K-3が変える、飛行機撮影の機材選び」がスタート。
この前のセミナーは
ヒマ潰しだったので後方で聴いていたんですが、ここで最前列へ席を移動しました。
このセミナーを目当てにしていた来場者も多かったのか、あっという間に満席になって大盛況でしたよ。
自分も今回このイベントに潜入したのはこれが目的だったんですけどね。

"Fliegerschiessen Axalp" でのF-5E、F/A-18Cを中心に、国内外で撮影されたエアライナーも多数。
いやいや…本当に素晴らしかったです。その完成度の高さたるや、やはり一朝一夕にマネ出来るものでは…。
スクリーンに作品が映し出される度に、静かなどよめきのような声にならない声があちこちから上がって。

ご本人はやや緊張されていた感じではありましたが、その丁寧な解説と語り口に彼の人柄を感じました。
自分ではなくてK-3が撮った…な~んてことも所々で仰ってましたが…誰にでも撮れるもんじゃないですよ。
長年積み重ねてきた経験と技量があって初めて得られる結果ですから。真に受けちゃいけませんね(笑)

K-3のセミナーなので話の中身は当然その機能や使い方が中心になるわけですが、それも非常に楽しめました。
K-3の動体撮影時のAFに関しては、MFでピントをちょっと送っておいてやれば全く問題ないとのことでしたよ。
ちょっとしたことですが、全てを機材に丸投げするのではなく、自分と一体化させることが大事なんですよね。
そういうちょっとした工夫で機材はポテンシャルを発揮出来るわけで。そこはメーカー問わず同じだと思います。

他にも飛行機写真でのAPS-C機のメリット等、他マウントユーザーも共有出来る内容が豊富で良かったですよ。

自分は洲﨑氏から相当影響を受けているクチなので、その作品群をご本人の肉声と共に鑑賞出来て最高でした。
単に航空機を超望遠でカッチリ捉えました的な写真とは違う、独特のスピリチュアルなモノを感じるんですよね。
同じアングルで同じように鮮明に機体を捉えた作品はアマチュアでも撮っている人はいるとは思うんですけども。
それは被写体である航空機と対峙する姿勢や気概の違いも大きいのかもしれないなぁ…と思うことも。

情景的な作品にしても、過剰に情緒的な方向には行かないんですよね。洲﨑氏の場合。
もっと踏み込んでお涙頂戴的世界?に行くことも出来るとは思うんですが、そっちには絶対行かない、みたいな。
どこまで行っても主役は航空機。そこだけは譲らないし逸脱しない。そういうところが感じられるのが好きで。
あくまで想像でしかないんですが、自分にとってはそこらがすごく心地良いというか、合うんですよね。
例によってこちらが勝手に思って納得して一人で頷いているだけなのかもしれませんが(笑)

131027_04


自分は誰かを崇めたり過剰なファン意識を持つといったことはまったくもって好きではありませんけども。
これは写真に限らずなんでもそうなんですけどね。盲目的になることは思考停止と同義だと思いますから。
それを自覚した上で、好きな写真家は一人二人ぐらいはいても良いというか、いたほうが良いと思います。
好き勝手に自己完結して悦に入ることに楔を打ち込んでくれるような存在というか。そんな感じで。


というわけで、そこかしこに笑いも交えた洲﨑氏のトークライブ。本当に楽しいひと時でありました。
こんなに楽しい時間を過ごしたのは久しぶりでした。自分が写真やっている時より楽しかったかも(笑)

機会があればまたぜひとも参加したいですね。ニコンさんにもお願いしたいところです。
今回はペンタックス&洲﨑氏に本当に感謝です。ありがとうございました~。



では。




関連記事

テーマ ★カメラ&レンズ・機材    ジャンル 写真



 

Comments

Edit
Vapor_trailsさん、こんにちは。

こんなイベントやってたんですか…
全然知らなかったけど、おかげで行ったような気になれましたよ(^^)
Vapor_trailsさん独特の語り口がまたいいですね!
的確な語彙で、読んでいる者を包んでしまうような。
うんうん!そうそう!
みたいな感じにさせられるのです。

そういう意味からすると、Vapor_trailsさんはブログ中心の活動のほうが輝くのかも…
PHOTOHITO、寂しくなりましたけど、こちらのブログ楽しみにしています!
Edit
vapor trailsさん

こんばんはです。築城基地航空祭はようようと晴れました。写真の方は328の重さにやられてブレブレ画像量産でしたが(^^ゞ
精進が足りませんね。サンヨンに較べるとやはり重さが効いてシャッター切る時に頭が下がるんでしょうかね・・・。

まあなにはともあれ天気がよくてきもちいい航空祭でした。

入間と岐阜の写真楽しみにしています。(^^)/
Edit
OJIRO302さん

こんばんは。毎度ありがとうございますm(__)m

普段はこの手のイベントには行かないんですけどね。
自分も一応はペンタユーザーですので(笑)

ブログは以前から慣れ親しんだスタイルですし、
マイペースで好き勝手にやっていけますから。
自分のような無精者?には合っているようです。
Edit
COLT VerRさん

こんばんは。いつもありがとうございますm(__)m

築城は最高のコンディションだったようでなによりです。
写真拝見しました。ナイフエッジと朝焼けがイイですね~♪

機材重量は左腕一本で全て支えるつもりで構えると
レリーズ時に無駄な力が抜けて良いと思いますよ。
自分も毎回ヘロヘロですが(笑)

入間&岐阜、力まずに楽しんでくるつもりです。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。