Vapor Trails

- Aviation Photolog -


19
Category: カメラ&レンズ   Tags: D300S  

D300SのAFロックオン

いまにも後継機が発表されそうな「D300S」について。今更感しかない素人的なネタであるのは承知の上で…。

D300SのAF精度はそれなりに高いはずだと思いつつ、今までいまひとつ納得出来ていなかったのが正直なところです。
言うまでもなくサンヨンはVRレスなレンズなわけで、それ故に自分の技量不足からくるブレは致し方ないところではありますが。
まぁ、自分も一応はブレとピンボケの区別ぐらいは付くので(笑)、まずはAF精度だけでも出来る限り出せるようにしたいなと。

で、AFでピンが甘くておかしいと思うのは明らかに自分の使い方が悪いからであって、カメラのポテンシャルはもっと高いはずだよな~って。
D300Sは発売後それなりの年数が経過してはいるものの、ギリギリ「今時のカメラ」と言っても差し支えない部類だとも思いますしね。
しかも最強の(と勝手に思ってる)51点AFユニットだし、こんなに甘いはずないじゃん、とは思ってましたよ。クロス云々はとりあえず置いといて。
別にマゾヒスティックになんでもかんでも「全部自分が悪いんだ」となる必要もないですが、最初に道具に原因を求めるのもねぇ。

自分は割と機械とかテクノロジーみたいなモノを信頼したい類の人間なので、なにかにつけそう思う傾向はありますが。
言うまでもなく万能ではありませんが、今時のテクノロジーってのは大半のユーザーが思っている以上に凄いモノだとは思いますね。
日本の頭脳明晰な技術者が試行錯誤して頑張って開発してるモノですから。使い方が悪いケースのほうがかなり多いのではないかなと…。
ユーザーインターフェースがどうたらこうたらというのは、これまた微妙に違ったお話になるとも思いますけども。
まぁ…そういうモロモロも含めた総合性能がまだまだ発展途上なんだと言ってしまえば、それもまた事実かもしれませんが。

でも自分はアシストに関してはもうお腹いっぱい。もういいや。現時点でのAFと手ブレ補正の水準で不満無いし…。
新機種にしても、D300Sに16~18MPの新しいセンサー載っけてちょちょいとチューンしたD300Xでじゅうぶん(笑)
D300/D300Sのユーザーって案外そういう人多いんじゃないかとも思うんですけどねぇ。作りもしっかりしてて使い易いですから。
自分は画質面での若干の物足りなさ以外には概ね満足してますよ。いいカメラです。

…それはひとまず置いといてと。

改めてコソコソ調べたり試したりしてみたところ、どうもAFロックオンの設定によってかなりの変化が出そうだぞと。
もちろんこの機能については以前から認識はしていて、今までは「強め」設定で使っていたわけでありました。
普段撮る場所でどうしても周辺に木立やらなんやらが多い場所があって、その関係での設定だったんですがね。
親指AFも今まで何度か試してはみたんですが、手が小さいせいもあるのか何回やってみてもいまひとつ馴染めなくて。
なので、ひとまず半押しAFを使うこととして、AFロックオンの設定だけを変えてみようかなっと。

とりあえずマイメニューの2番目に登録。 
111119_01a.jpg  
今までが「強め」だったので、変化を試すには「しない(OFF)」がいいかな?と。 
111119_02a.jpg   

今まではというと、普通にアプローチを撮る場面でも、向かってくるアングルで微妙に外れちゃってる感じだったんですよね。
斜め前フルフレームでもピントが来ない感じで。真横~送りショットではさほど問題はなかったので、まぁこんなもんかな?とも思ってたんですが。
向かってくるアングルでの甘さがどうにも気持ち悪くて。もちろんレンズは明るいに越したことはないんですが、AF速度自体はあまり遅く感じなくて。
あとは追従性の問題?となるとボディ側ならAFロックオンぐらいしかないのかな?と思いましてね。

ピン甘=追従性悪い=反応悪い=ロックオン強すぎ、とも考えられますが、自分としてはAFロックオンはそこには関係無いと思ってたんですよね。
通常目にする速度域のヒコーキをAFフレームに捉えている状態なら、そのメインの被写体に対するAF精度というか、そこには影響はないでしょと。
こんなの普通に追えるんじゃないの?と勝手に思っていて。あんまり書き過ぎるとあれこれとボロが出てくるのでやめておきますけど(笑)

で、先日の入間は「OFF」で撮ってみたわけですが、ピントに関しては明らかに歩留まりアップ。以前とは全然違っていてビックリでした。
今までも確か「弱め」までは試したことがあったとは思うんですが、その時はこれといった違いは感じませんでした。
「しない(OFF)」はちょっと試してみて「あ~、ダメだこりゃ」みたいな。そんな風に思った記憶しかなかったんですよね。
いつも同じ場所で撮るから同じ位置に木立やら電線やらがあったという(当たり前)、それだけの話だったんでしょうけど…。
今回も相変わらずブレは多かったのでアレなんですが、AF精度自体はかなり出てるんだろうなと。それは実感できました。
細かいことはともかく(笑)、結果的には改善できたなと。そんな感じでしたね。

アクロではスモークに引っ張られることもあるので多少工夫も要りますが、3Dトラッキングも意外と使えますし、改めてD300Sを見直しましたよ。
単に使いこなしが甘い、と言われればそれまでなんですが、フィルム&MF時代にはこんなこと考えもしなかったことで…。
当たり前といえばそれまでですが、あの当時のピン合わせと今のそれとでは何もかもが全く異質というか。
フィルム機でAFが普及しだした頃に一度写真をやめてしまったので、デジタルで再開した時には浦島太郎状態でしたし。
かといって今更ヒコーキでMFする気もないわけですけども(笑)

結果に対する微妙な煮え切らなさや不満といったものに関しては、やはり自分の力不足をまず最初に疑うべきなんですよね。
些細なことかもしれませんが、改めて反省した次第。自分は変なところで妙な思いこみばかりしてるんだなと(笑)

飛行機写真は子供の頃に父親の見よう見まねで始めてその後一度やめましたが、こうして出戻って撮っていると色々思いますね。
デジタルカメラはその機能を確実に理解して試して、そうやって細かく確認しながら使いこなしていくことが本当に必要なんだな~って。
フィルム機だって自分なんかが思ってるほど使いこなしが容易なモノじゃないことは今更言うまでもありませんけど、
かつて肉体でこなしていた作業を機材にいかに的確に分担させられるかという部分での難しさ?みたいな。AFなんて本当にそんな感じがして。
自分は結局なんにしても中途半端なので、結局のところよくわからないままなんでしょうけど。
でもねぇ…今度久しぶりにMFで撮ってみるかな~。案外そのほうがラクだったりして(笑)

D300Sにはまだまだ頑張ってもらいますよ。ショット数もまだたったの15,000ぐらいですし。
既に若干の古さを感じさせる点もありますが、使っているとなんとも言えない愛着が湧くんですよね。このカメラ。
買った時には既にモデル末期でしたが、コイツを新品で買えたのはほんとに良かったですよ。


出来るだけ長く使ってあげられるといいんですけど。



s
rövidítés dél
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
関連記事

テーマ ★カメラ&レンズ・機材    ジャンル 写真



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom