Vapor Trails

- Aviation Photolog -


17
Category: 習志野 JGSDF Camp Narashino   Tags: D300  D300S  300mm_f/4D  300mm_f/2.8G  TC-20E_III  16-85mm_f/3.5-5.6G  

平成26年 降下訓練始め -No.1-

仕事を終えて早めに帰宅して一杯やりながらまったりとブログをアップしようと思っていました。
が、そう思っていたところで兄からTEL。帰りに駅前で一杯やろうよ、ってなことで、一杯やってきました。
例によって一杯どころではすまないわけですが。猛烈に濃すぎる話で盛り上がってやっと帰ってきました。
あまりに内容が濃すぎるが故に2人で飲むのは半年に一回ぐらいでじゅうぶんな気もするんですけどね(笑)

それはともかく習志野の写真。ボチボチとアップしていこうかと思います。

140116_01

1/250  F7.1  ISO200  Manual Exposure,  ND4 Filter  *
AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II + AF-S TELECONVERTER TC-20E III

今回はちょっと荷物を増やして行ってみました。
ボディはD300SとD300。レンズは300mm f/2.8Gに×2テレコン、16-85mm、それに300mm f/4Dも。
サンヨンは直前までちょっと迷ったんですが、地上展示等々で久しぶりに使うのも良いかなぁと思いまして。
テレコンを噛まさずに素で使うサンヨンは本当にキレキレですからね。軽いので動き回ってもラクですし。
70-200mmがあればもっとラクなのかもしれませんが、そのあたりにはいまだに手が出ないんですよね。

サンヨンはカメラバッグには入らないので、純正のレンズケースに入れて担いで行きました。
あとは椅子&脚立兼用でセノビー32cmも持参。モロモロまとめて総重量は約10㎏といったところでしょうかね。
最近は機材をコロコロ引っ張って歩いていたせいか、久しぶりに全部背負ったらあちこち筋肉痛になりましたよ。
60㎏の装備を身に付けてC-1から降下するのに比べたら、こんなの疲労のうちにも入らないんでしょうけど(笑)

140116_02
1/320  F11  ISO200  Manual Exposure  *Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED

友人と早めに現着して手荷物検査をパスしてから、会場までは徒歩で。15~20分程度ですかね。
土手は最前列に若干の隙間はありましたが、2人分のスペース確保は難しかったので上段
左端の2列目をとりあえず確保。
幸いというか、待っている間に最前列の人が移動するということでスペースを譲ってくれました。ラッキーでした。

140116_03
1/320  F10  ISO200  Manual Exposure  *AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II, AF-S TELECONVERTER TC-20E III

午前中の天候はいまひとつ。模擬戦闘の最中は陽が射したり陰ったり。露出でところどころ迷いました。
念のため快晴での300mm f/2.8G用にND4フィルターも持って行ったんですが、結局殆ど使いませんでした。
曇っていたのでヘリは1/250~1/320、F7.1~F10ぐらいで。若干オーバー気味だったのでそこは仕上げで調整。

140116_04
1/1000  F8  ISO200  Manual Exposure  *AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR

140116_05
1/400  F10  ISO200  Manual Exposure  *AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II, AF-S TELECONVERTER TC-20E III

固定翼機も参加していましたが、ATLASの離脱時のヒネリはなかなか良かったですよ。
P-3Cがバンバン飛んでいる厚木でも主翼上面を見る機会は殆どないに等しいので嬉しかったですね。
これはぜひとも快晴で撮りたかったところです。もっとカリっとハイコントラストで手堅く。

で、習志野でのメインターゲットはやっぱり対戦車ヘリ。AH-1SとAH-64Dを上手く撮りたいなぁと。
模擬戦闘の真っ最中にもう少し陽が射してくれたら良かったんですが、こればかりは如何ともしがたいですな。
曇天下ではなかなかに手強いというか。それを逆手にとってなんとか画にすべく悪あがきをしてみましたが。
あれこれイジって獰猛な印象を強調してみようかとも思いましたが、言うは易く行うは難し。結局中途半端。

140116_06
1/320  F7.1  ISO200  Manual Exposure  *AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II, AF-S TELECONVERTER TC-20E III

140116_07
1/500  F8  ISO200  Manual Exposure  *Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED

よくよく振り返ってみると、ヘリの動き、特に対戦車ヘリの敏捷で過激な機動というものには慣れていないなと。
この手のイベントでの機動なんてものは相当に控えめなものなんでしょうけどね。実戦ではもっと凄いんでしょうけど。
それでも、それさえもなんとも捉えにくいというか。固定翼機とは違うということをついつい忘れがちになるわけで。

AH-64DなどはF-15的な動きというか、そんな雰囲気も感じるわけですが、それでもやっぱり違和感があります。
搭乗員の話では、陸自のヘリで操縦特性が最も近いのはOH-6とのことですけど。「あ~なるほど」ってな感じです。
そういう話ってのは面白いですよね。これは他人が話しているのを傍でたまたま聞いただけなんですけども(笑)

140116_08
1/250  F7.1  ISO200  Manual Exposure  *AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II, AF-S TELECONVERTER TC-20E III

140116_09
1/320  F14  ISO200  Manual Exposure  *Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED

今回は10式も参加。あいにく模擬戦闘中は
殆ど気が付かず走行中の写真は撮れませんでしたが。
展示された車輛を間近で見させてもらいましたが、思ったよりも大きいな、という印象でしたね。
外見的には90式のちょいスケールダウン版といった感じでした。中身はかなり異なるんでしょうけど。
全幅はかなり狭いというのがわかりましたが、側面からだとけっこう見た目のボリュームはありますね。
日本の国土の特性や将来的な脅威等を考えると、この10式は非常に手堅いと。そんな印象でありました。

ここでは砲塔をグルグル回したり砲身を上下させたりしていたようですが、それは撮れませんでした。
自分は防衛大臣のお帰り場面を撮りまくっていたので。10式のほうを撮ればよかったかなと(笑)

140116_10
1/400  F8  ISO200  Manual Exposure  *AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR

< Nikon D300 & D300S, AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II, AF-S TELECONVERTER TC-20E III, Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED,

AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR,
Nikon Capture NX 2.4.5 W >



次回も習志野の続きをグダグダと書くつもりです。土曜は新年会で飲みに行くので、たぶん明日ですかね。

写真ももう少しマシなモノを…などと思うものの、なかなかこれといったものがないのが苦しいところです。

そうはいってもこの時期はネタ不足です。構わずにこのまま続けちゃいます。


ではでは。




関連記事

テーマ 航空機    ジャンル 写真



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom