Vapor Trails

- Aviation Photolog -


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


28
Category: ソフトウェア   Tags: Capture_NX-D  apieceofcrap  

昨日の続きの続き

CNX 2ユーザー以外にはどーでもいいようなことを連日書いています。
が、ひっそりコソコソとやっている個人のブログ故、こういうのもアリかなと。

例のなんとかDとかいうソフトのβ版、またちょこっとイジってみました。
写真をイジって何かやったわけではなく、ただファイルを開いてみただけですが。
ちなみに、なんとかだのなんちゃらだのとしか書かないのはムカついているからです。

まぁいいや。

CNX 2で
編集後新規保存したNEFファイル。厚木でのC-40A。

もちろん必要であれば元には戻せますが、いつもフォルダを作ってそこに放り込んでいます。

バカみたいに手を掛けているというわけではありませんが、あれこれとやってはいるわけです。
ここをもうちょっとこんな具合に…とか、このやり方ならイメージ通りになるかなぁ…とか。
それなりに時間を掛けて楽しみながらチマチマと調整を。それが出来るのがCNX 2です。

ベースとしてニコンのピクチャーコントロールのバランスにけっこう頼ってはいるものの、
細部の調整に関しては、当然の如くその大半にコントロールポイントを使っているわけです。
ここまで簡単にピンポイントの調整が出来ると、使う人によってはそれこそ自由自在かと。
自分は到底そんなレベルではないですが。使っていない機能もまだたくさんありますし。

140227_01


とにもかくにも、RAWデータであるNEFのままこういった編集をして保存出来ると。
デジタルになってからは
これこそがニコンを使ってきた最大の理由だったと。今は思います。

もちろん様々な理由で昔からずーっとニコンのカメラ自体が好きだったというのもありますし、
好みでレンズは黒じゃないと、ってのも案外大きな理由としてありますけどね。真面目な話。
自分はとにかく黒という色が大好きなので、真っ黒けなニコンが好きなわけでありますよ。
そういうことも気持ちの面では大切な要素。決してどうでもいいことではないわけです。

が、それらモロモロが今もニコンを使う理由になり得ていたのはCNX 2があったからで。
仕上げに使うソフトってのはそれぐらい大きな要素。なんでもいいわけがない。


そんなことをチラホラと考えながらCNX 2でフィニッシュした画像を某Dで開いてと。
元画像しか表示されませんね。このβ版では編集データは全く反映されず。笑っちゃいますね。
なんでも正式版では表示だけは可能になるような対応を検討予定?だとか。なんのこっちゃ。

ちなみに今の段階では、何かパラメータをイジるとプレビューがいちいち重いです。
我が家のPCはCore i7+メモリ16GBですが、全然ダメ。これは改善されるでしょうけど。
UIはSILKYPIXチック。クロップとかそのまんま。SILKYPIX for Nikonって感じです。

140227_02

ピクコンやらなんやらの現像機能は用意するから、その後の編集はTIFFで送って外でやってねと。
ワークフローだかなんだかでそんなこと説明してますけどね。そりゃそうだよね、ってな感じですが。
コントロールポイントに関しては言わなくてもアンタら知ってんでしょ?ってなことなんでしょうね。
NIKの件に関してはニコンだけを責めるつもりはないですけどね。むしろGoogleに対してのほうが。

しかしまぁ…実際にCNX 2を使ってきた身としては、切り捨てられた感覚しかないですよ。
こんなのがCNX 2の後継ソフトとかね…一体何をどう考えたらそういう言葉が出てくるのかなと。

あと、無償なら使うみたいな話。CNX 2はあの機能でたった1万数千円ですよ。タダ同然でしょ。
CNX 2は有償だからダメ。Dなんとかは無償だからOK。そこじゃないでしょ。論点ズレてるから。
有償無償云々以前に、ユーザーが純正ソフトで一番問題にすべきなのは機能面の継続性じゃんかと。
タダであることが最優先、タダならなんでも歓迎するなんて感覚は自分の中には微塵もないですね。
そこまで無償を最優先にするなら自分は写真自体やらないですよ。ハナから無償でハッピーじゃん。

今回の一件、こんな風に書くと「何を大袈裟な」ってな感もなきにしもあらず、かもしれません。
が、自分は自然とこんな感覚になりましたね。世の中が見えちゃった、みたいな。そんな感じで。


少々クールダウンも必要かもしれません。土日は自宅の模様替えで気分転換でもします。




関連記事

テーマ 航空機    ジャンル 写真



 

Comments

Editフィルム時代から比べれば
フィルム時代のフィルム代と現像代とプリント代、
自分は捻出できずに現像すら出来ないままのフィルムが、20本位パトローネにしっかり入っております(笑)。もう30年近く経つし現像出来ないかな。
しかも当時は2CR5やら、SR44やら、モードラに単三パックとか、ストロボは積層パックだから充電してたか(爆)、まあ色々とお金が掛かる趣味でした。当時と比べれば、お金の掛からない趣味になったもんだと思います。ソフトに数万、相応な価格だと思います。
それで、納得いく色が出せるんですから、自分で白黒現像してた頃は、お金もそうだけど時間も費やしてましたし。
Edit
お~っ!E-5な人さん!毎度ご訪問ありがとうございますm(__)m

ほんとにそうですよ。それでも好きだからやってたんですよね。
お金を掛けることが全てではないですが、あまりに無償無償とウルサイのでアタマきちゃって。
無償というだけで「ニコンユーザーに朗報」だの、高い金払って(笑)CNX2買ったのに金返せとか。
メーカーがそういう価値観を基準とするようになったらおしまいかなと。

フィルムの出費に比べたら、今のソフトなんて殆どタダみたいなもんだと思いますよ。
そりゃ安いに越したことはないですし、自分だって今はフラッグシップ機なんて高嶺の花ですけど。

思えば時間も手間も掛けてましたよね。お金も出来る範囲内で無理もして。
今はなんでもかんでもお手軽。タダが正義。努力も要らない。全部機材のせい。
時間も掛けたくない。何もかもメンドクセー。5秒で手に入らなきゃ非難囂々即炎上、みたいな。

今回の件、CNX2ユーザーからは国内外でボロカスに叩かれてますよ。
ぶっちゃけマウント変更に等しいぐらいのこと言われてますね。
今までも「しょーがねーな」程度のことは多々ありましたが、今回だけはシャレにならんです。
ニコンには完全に失望。愛想が尽きましたよ。もう写真やめるか…とか思っちゃって。

矛先がどこに向いてるのかわかんなくなってきちゃいましたね(笑)

しかし…世の中何もかも軽くなりました。本当にイヤな時代になったもんです。

今度飲みに行きましょうか♪

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。