Vapor Trails

- Aviation Photolog -


03
Category: その他もろもろ   Tags: D300S  300mm_f/4D  TC-14E_II  AT-X_124  CP+  

CP+に向けて

別に何かするわけでもないんですが、とりあえず今年は面白そうです。新製品がそれなりに多くなりそうです。
CP+はパシフィコ横浜での開催なので自宅からも近くて良いです。みなとみらいまでは家からは30分ぐらいでしょうか。
地元開催のイベントで興味のあるモノっていうとこれしか思いつきませんけどね。あんまりイベントの類には行かないので…。

D4も触ってみたいし、D800?もおそらく直前に発表される可能性は高いし。来週あたりに発表?とは言われてますから。
とりあえず見てみたいというだけで実際に自分が使う機材としては今のところフルサイズに用は無いんですがね…。
それでも自分が使っているメーカーの新製品やモックの類というのはやはり面白いわけで。

他にはトキナーが70-200 F4のモックを参考出品すると、そんなニュースが今日ありました。
トキナーは昔から好きなメーカーなので、新製品は実に楽しみでありますよ。11-16もリニューアルされましたし。
フィルムの頃はFEやF2にトキナーの400mm F6.3で撮ることが多かったんですが、なかなかシャープな写りで気に入ってました。
作りもカッチリしてて堅牢だし外観も落ち着いていて好みだし、色んな意味でニコンのボディとはマッチングがよろしいという印象です。
シグマやタムロンも使ってはいましたが、レンズメーカーでは今でもトキナーが一番好きですね。今は12-24しか使ってませんけど。

その12-24も周辺までシャープだしF4通しで実に使い易い。青空も深みがあってキレイ。トキナーのレンズはほんと良いですよ。
純正は確かに魅力的ではありますが、やっぱり高い。あの価格差を考えたらトキナーの12-24は本当に健闘してると思いますね。
APS-C用超広角ズームでは積極的な選択肢になるレンズですよ。ニコン、キヤノンAPS-Cユーザーにはお勧めだと思います。

120204_03
18mm 1/320 F16 ISO200, Aperture Priority AE, EV-0.3, 14bit Raw, Nikon Capture NX 2


で、描写力のある70-200あたりも持ってたらそれなりに使えるのかなぁ、とたまに思うこともあるわけですが、まぁ2.8は要らないわなと。
70-200 F2.8ってのは望遠ズームではたぶん一番人気だと思うんですが、それはあくまで写真人口全体で見た場合の売れ筋というモノであって。
普通は200mm以上は不要で、そこを上限としたレンズ選びが多数派であるが故にあの価格・サイズ・重量が許容されるし売れるんですよね。

自分の場合は200mmズームに「ウチの望遠でいちばん高くて高性能」的なポジションは全く求めていないので、あれだと少々大袈裟で。
ニッコール70-200はサンヨンとサイズ・重量ともにほぼ同じですし、200mmに20万は…自分としてはやっぱり対象外なんですよね。
なので、超音波モーターで軽量コンパクト、そこそこの価格のFマウントのF4通しが出ないかなとは思ってたんですよ。なんとなくですけど。

トキナーのF4通しが開放からカリカリで小型軽量でリーズナブルで高バランスの手堅いレンズなら、選択肢にはなるかもしれないなと。
とりあえずサイズに関しては現時点で全長168mm 最大径80mmと、けっこうコンパクトに仕上がっているようではありますが。

120204_01
630mm 1/2000 F8 ISO200, Aperture Priority AE, EV-0.3, 12bit Raw, Nikon Capture NX 2


ただ、ほんとに必要だと思ってんの?となると、やっぱり根っこで疑問に感じてしまうところもあるんですよね、200mmってのは。
大体200mmクラスのズームってのは個人的には一番手を出しにくいカテゴリーで…自分の場合は殆どの場面でデッドウェイトになっちゃうなぁと。
外周で風景写真的なアプローチをしたいと思った時にはそれなりに具合がいいとも思いますが、それでも使える機会はかなり少ないかなと。
自分の感覚だと70-200クラスというのは殆どエプロンでしか使い道が無いという感じですね。タキシングと地上展示機程度か…。
仮にいつかゴーヨンがメインとなると、それ以外に何本もレンズ担いで…なんてことはなおさら自分はやらないだろうなぁとも思っちゃって。
そうなると一緒に持ち出すのは超広角ズームぐらいかなと。レンズは両極端の組み合わせだと気持ち的にも割り切れるし楽しいですし。

120204_02
630mm 1/1250 F5.6 ISO200, Aperture Priority AE, EV-0.7, 12bit Raw, Nikon Capture NX 2


Equipment: Nikon D300S + MB-D10, Tokina AT-X 124 PRO DX II, Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED, Ai AF-S TELECONVERTER TC-14E II

そんな感じで、今までの行動パターンを自分なりに改めて考えてみても、やっぱり中望遠域ってのは今後も一番使わないのかなと。
何本もレンズを持ち歩けて、なおかつそれを活かすシチュエーションを毎回確実に確保するつもりなら話も違ってきますがね。
現場に持っていくレンズなんてせいぜい2本がいいとこだし、航空祭で最前列なんて今はとても無理だし。やっぱり必要ないか…。
F4通しのレンズってお買い得感があって実用性も高くて好みなので、モノとしては非常に魅力的ではあるんですけどね。
もし良さそうなレンズで、その時に余裕があればその時考えてみようかと思います。とりあえず会場でモックを見るのが楽しみです。

今後もトキナーには頑張って欲しいところです。


s
rövidítés dél
言語を検出 » Hungarian
関連記事

テーマ 航空機    ジャンル 写真



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom