Vapor Trails

- Aviation Photolog -


23
Category: イベントいろいろ   Tags: D300S  300mm_f/4D  GR  

JAAP写真展 "18th SKY GRAFFITI 2015"

土曜日は六本木の富士フイルムフォトサロン東京へ。JAAPの写真展へ行ってきました。

150823_01
1/180  F4  ISO3200  Aperture Priority AE  < RICOH GR, Adobe Photoshop Lightroom 5.7 >

駅でもやたらと浴衣姿の人々が多いと思ったら、六本木ヒルズで盆踊りがあった模様。
盆踊りって、子供の頃に踊りたくもないのにムリヤリ踊らされたことがあるので嫌いなんですよね。
子供会だかのオバちゃん連中に寄ってたかって「ほらほらアンタ達も踊りなさい!」みたいな感じで。
なんかもう…言い方はアレですが、その時は踊るぐらいなら死んだほうがマシぐらいの感覚でしたね。
今でも浴衣を見るたびにそれを思い出しちゃって。まぁ、別にどうでもいいんですけど。

で、8番出口直結でミッドタウンを通って地上へ。18時過ぎに着いた会場内は大賑わい。

まずは元井さんにご挨拶。色々とお話をさせていただきながらじっくりと観て回りました。
自分の視点だとやはり一般公募作品が気になりますね。その中で良いなと思った作品も幾つかありました。
例によって接近したり引いてみたり。気に入った作品についてはそれなりに時間をかけてじっくり鑑賞。

19時の閉館後は会場近くの餃子屋さん?での懇親会へ。
元井さんにお誘いいただいていたので。
自分の写真を展示しているわけでもないただの見物人ですが、
図々しくも参加させてもらいました。

懇親会では参加者が持参した写真をそれぞれ10点程度、
撮影者がコメントしながらプロジェクターで上映。
自分もあちこちで
撮った写真を合計10点上映してもらいました。どれも微妙な出来のものばかりでしたが。
貸し切りではないので周囲に他のお客さんもいる中でやるわけですが(笑)、なんだかんだと面白かったですよ。
別にシビアな状況での審査とかそういうものではないですけど、人に見せるのってやっぱり緊張はしますよね。
ブログとは違いますしね。まぁ、ぶっちゃけ瀬尾さんにSDを渡した時が一番緊張したような気もしますが(笑)

帰宅してから思いましたが、これも良い機会でした。改めて過去の写真を再チェック出来ましたし。
自分はこんな感じでけっこう気に入ってはいるんだけど、他の人がコレを見たらどうなんだろうか?と。
それ以前に自分でも気に入っていると言える写真自体が本当に少ないという問題があるわけですけど。

元井さんとは以前にもお会いしていますが、今回初めてお酒を飲みながらお話が出来て嬉しかったです。
千歳のマルヨン、幻想的なP-2Vのショット等々。自分はまだまだだなぁ…と、改めて実感しましたよ。
終盤では瀬尾さんの昔の空撮作品や撮影時の裏話?等々。初めて見る写真も多くて楽しかったですね。

150823_02
1/250  F10  ISO200  Shutter Speed Priority AE  < Nikon D300S, Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED, DxO OpticsPro 10.4.2 + Nikon Capture NX 2.4.7 W >


自分も何らかの形で写真展をやるつもりです。次回のJAAPに応募するかどうかはわかりませんけど。
今回元井さんと色々とお話をさせていただいたことで、またモチベーションが上がってきました。

良い飛行機写真。
時間の経過に耐え得る写真。そういうモノを撮りたいなぁ…と。そう思います。
やっぱり明確に自分で意図したものを自分の力で撮れないと。それが当たり前の感覚にならないと。

自分が何をどう撮りたいのか。それは段々とカタチになってきているような気がしなくもないです。
今後はそれをもっと具体的なカタチとしてイメージ出来て、でもってモノに出来ないとダメですね。

細々としたことは全て前提条件としてクリアしつつ、根っこではもっと本質的なところを追いたい。
何かこう、良い絵画とか小説とか音楽とか映画とかに接した時の感覚。それと同質のものが欲しい。

内輪で群れているような類のものではなくて、一歩突き抜けたような写真が撮れたらなぁ…って。
妄想するのは自分の勝手なので、そこらはいくらでもしようと思っていますよ(笑)

最終的には、どれだけ飛行機が好きか、どれだけ飛行機写真が好きか。そこでしかないとも思います。
飛行機写真という枠をはみ出たいという感覚がある一方で、やはり飛行機写真として成立させたいですし。
自分にとって航空機というのは空気のようなもので、それ無しで生きていくなんて考えられないわけで。
写真を撮るにしても、結局はそれだけがよりどころなのかもしれないと、最近はよく思うようになって。
色々と慣れてしまって感覚が鈍くなってきたらおしまいだなと。どこかに純粋さが残っていないと。
でもって、その純粋さが写真を撮る上で確実に核になっていないと。最近はそんな風に思います。

こういうことも別に悩みだとかそういうことではなくて。もう面白くてたまらないですね。
今後どういう写真を撮ってみようか。何をどうやってモノにしてやろうか。どんな場面を探ろうか。
それを考えると楽しくてしょうがないわけです。こんなに面白いことが他にあるんだろうか?と。

妄想から一歩踏み出せるように頑張らなくては。




関連記事

テーマ 航空機    ジャンル 写真



 

Comments

Edit
こんばんはです。

相模補給廠の爆発で
久方ぶりに祖母の家周辺を
空撮で見た自分でした(^^ゞ

あれがあるお蔭で相模原駅からすんごい遠回り
だったなぁー、、、ともう行く事は無いでしょうけど。

しかしまぁーJAAPの懇親会で
自分の作品紹介って凄いですね。
たぶんみなさんすごい作品ばっかりでしょうし
しかも要解説とは、、、

美味しく餃子とビールを飲むには解説が終わらない
と無理ですね(^^ゞ

そもそも自分が撮った画から
カリビアンな気持ちも吹っ飛ぶとか
(洲崎さんのパクリです)(^^ゞ
ボキャブラリー出てこないですよ。

餃子とビールでプロジェクターに写し出される
人の作品を見るには楽しそうですけどね。

是非ともその時セレクトした10枚の紹介を
ブログでも(^^)/
Edit
COLTさん

こんばんは。毎度お世話様です。

相模ではボンベだかが爆発したようで。
神奈川県って米軍施設多いですからね。なんだかんだ色々あるんですよね。

懇親会は楽しかったですよ。
自分のコメントは「どこそこで撮った」程度で解説にはなってませんでしたね。
カリビアンな?言い回しが出来れば良かったんですけど(笑)

しかしまぁ…みんな四苦八苦しながら撮ってるのは同じですね。
でも、その四苦八苦感や頑張りました感は払拭したいよねと、我が身を振り返ってみて思いましたよ。

10枚はブログにも載せたものから自分で気に入っているものをかき集めて。
小松まであまりネタもないので、気が向いたらやってみましょうか♪

Leave a Comment








1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom