Vapor Trails

- Aviation Photolog -


26
Category: 小松 JASDF Komatsu AB, RJNK   Tags: D7200  D300S  300mm_f/2.8G  TC-17E_II  ATX_107  

2015年 小松基地航空祭 -No.2-

じっくりと時間を掛けて仕上げたいと思いつつ、結局あっという間に終わってしまうのはいつものことです。
時間を掛けたからといって良くなるというものでもありませんが、時々思いますね。これでいいのかな?って。

でもまぁ、それなりに撮れたというか、及第点と思えるものについてはそんなものなのかな?とも思います。
こねくり回して強引に仕上げた写真というのは、やっぱりどこかで納得がいかない感じが付きまといますしね。
元画像を見た瞬間に完成形が見えるというのが一番良いと思いますね。そういうものは非常に少ないですけど。

150926_01
1/1250  F8  ISO200  Manual Exposure

前回も書きましたが、微妙な天候のせいで撮影中はあまり気分は良くなかったですね。身体が動かない感じで。
でも、そういうことは常にあり得ることなので、頭の片隅にその辺の対処法のようなものは残しておいたつもり。
一口に曇天といっても一様ではないわけですし、ちょっとでも撮る余地があると思えれば、とりあえずは撮ると。

撮ってきた写真を眺めつつ記憶を辿ってみると、今年の小松はさほど悪いコンディションではなかった気がします。
微妙と言いつつ、非常に魅力的な瞬間がそこかしこにありました。視認しただけで大半は撮れていないんですけど。

150926_02
1/1250  F8  ISO200  Manual Exposure


150926_03
1/1000  F8  ISO160  Manual Exposure

ブルーを撮るには小松はけっこう良いなぁと、それも今回改めて思いました。海岸という選択肢もありますし。
多少雲が出ても、何かこう、立体感があるというか。そんな感じがするんですよね。気のせいかもしれませんが。
日常自分が目にしている関東の空とは違うな、というのは思いますね。変化が激しくてダイナミック。そんな感じ。

150926_04
1/1000  F8  ISO200  Manual Exposure


150926_05
1/1000  F8  ISO200  Manual Exposure

F-15は狙っていた場面に遭遇出来ず。まぁ、そうは言っても元々たいした考えではありませんでしたが。
ピッチアップして機体が立ち上がるところを撮りたかったんですけど、モロモロ上手くいきませんでした。
水平系で背中が云々というのはハナから考えていませんでした。そこらはまぁ撮れれば撮るってな感じで。
そもそも論として、縦の動きでは高度があまりにも高すぎるという問題はありましたけどね。まぁいいや。

あとは背景を出来るだけ生かしたいとか。
周囲も取り込めればなと。まったくもって上手くいきませんが。
少々視点を変えてあれこれ観察するのは面白いですよ。晴れ時々曇り。空の変化は二段階じゃないわけで。
もっと色んな空に遭遇したいと、今はそう思います。飛行機は空を飛ぶわけですから。当たり前ですけど。

150926_06
1/1000  F8  ISO200  Manual Exposure

ブルーはリードソロの上がりを撮りたかったので、今回も予行では24エンドで狙ってみましたよ。
広角系でもって変ちくりんな写真にしてしまうか、はたまた望遠でもって思いっきり引き寄せちゃうか。
少々迷いましたが、ブルーの機体を仰がずに寄って撮れる場面は少ないので、望遠でいってみようかなと。

当初はもっと正面に近いアングルを考えていたわけですが…機体の質感描写を考えるとこれがほぼ限界。
機影が見えてから真横を通過するまでの時間が短いので難しいところもありましたが、面白かったですね。
今回は事前に考えていたこの一枚がなんとか撮れたので、それだけでも行った甲斐があったと思っています。
細かいところを突いていけば問題点はたくさんあるわけですが、キリがないので考えないことにしますよ。

150926_07
1/1250  F8  ISO160  Manual Exposure


150926_08
1/1000  F8  ISO200  Manual Exposure

機動飛行はもっとしっかり撮れるようにならないとイカンなぁ…と、またまた今回も思っちゃいましたね。
こればかりは地道に撮り続けるしかないですかね。もちろん運やら偶然やらはありますが、それはそれとして。
軍用機を撮っている以上、戦闘機を捨てるわけにはいかないですからね。今更何言ってんだ、ってな話ですが。

150926_09
1/2000  F8  ISO200  Manual Exposure

< Nikon D7200, Nikon D300S, AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II, Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II, Tokina AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-4.5, DxO OpticsPro 10.5.0 + Nikon Capture NX 2.4.7 W >


小松の写真、あと一回はアップできそうな気はしていましたが…早くもネタが尽きました。

次回は番外編的に、今回の小松で感じた事や思った事等々をダラダラと書いてみるつもりです。


ではまた。




関連記事

テーマ 航空機    ジャンル 写真



 

Comments

Edit
小松展開お疲れ様でした。
相変わらずの描写力に驚きを禁じえません。
写真の力ってのは、こういう事を云うんだ。
というお手本のような作品ばかりで
改めてvaporさんの「巧さ」を思い知りました。
なかなかマネの出来る事じゃないけど、自分も
もっと精進して、少しでもvaporさんに近づけるよう
頑張ってみようと思います。

作品群を拝見しモチベーションが上がりました。
ありがとうございます。

Edit
こんばんは!

BI #5の上り、キッチリ押さえていますね!
低い上りが、一段と強調される感じで、迫力です。

あとは、フィッシュアイの魅力全開。
私も、広角をもっと効果的に使ってみようと思います。


PS.私も、今年は下総は行けませんでした。
お天気もイマイチのようでしたが、
あのまったりさは、他とは比較にならない良さなんですよね。
Edit
OJIROさん

小松お疲れ様でした。成果のほどはいかがでしたでしょうか?

自分に写真的力量がどの程度あるのかは今だによくわかりませんが、
まずはとにかく自分自身が見たい写真を撮りたいと思っています。
そういう意味では今回の小松はまずまず。納得のいく結果でした。

OJIROさんにはOJIROさんの写真があるのではないでしょうか。
自分の感覚を信じることが一番大切なのではないかと思います。

写真は皆違っていて当然ですし、そのほうが楽しいと思いますよ。
Edit
Tadさん

こんばんは。毎度ありがとうございます。

予行のローアングル・キューバンはベタベタに低くて最高でしたよ。
スモークを入れたショットも撮りたかったんですが…それは見事に失敗。

フィッシュアイは飛び道具のイメージがありましたが、意外と使えますね。
超広角で撮ることが多いので、個人的には殆ど違和感はなかったです。
さすがに何枚も連続して見せるのは厳しいですけど。

下総はまた来年ですね。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom