Vapor Trails

- Aviation Photolog -


06
Category: その他もろもろ   Tags: D7200  300mm_f/2.8G  TC-17E_II  

今年の小松

早いものでもう小松です。今年に入ってからロクに撮っていないので、非常に楽しみであります。

昨年の延長的な感覚で撮ろうとは思っていますが、機動飛行は予行でのパターンを見てからですかね。
例によってあれこれ考えてはいるわけですが、そういうゴチャゴチャもそうでないものも全部ひっくるめて、
出来るだけ丁寧に確実に撮りたいと、そう思っています。

160905_01
1/1600  F8  ISO200  Manual Exposure

機材も例によって例のごとく。D7200と300mm f/2.8Gに1.7テレコンをメインに、広角系でちょいとアクセント付け。
D500とD7200のコンビだったら最高なんですがね。D500の最大の魅力はAF自動調節機能。アレはぜひとも欲しい。
でもD7200も凄く良い。コストパフォーマンスは最強レベルかと。D7200×2台ってのも良い選択だと思いますね。
ボディに関しては来シーズンに向けて検討するつもりですけど。D300Sはさすがにもう厳しいかな…。

F-15の機動は、妄想を膨らませてそれをモチベーションにして臨みたいなと。まだ空っぽの状態ではありますが。
ブルーは例によって数枚撮れればいいかな?ってな感覚。ですが、ワンパターンから脱したい気持ちもそれなりには。
ゲップが出すぎて気絶しそうになる写真はイヤ。緩い画もイヤ。タイトでテンションのある写真を撮りたいよなぁって。

そう考えると、ブルーってのは写真にするのが本当に難しいと思いますね。
もちろん、そんなの好みでもっていくらでも見方は変わるわけですが、まぁね…人様の好みはこの際どーでもいいや。
他人の好みに合わせてシャッター切るわけじゃないもの。自分が見たいと思う写真、欲しいと感じた瞬間を撮るだけ。
ホントに面白くてしょうがないですよね。笑っちゃうぐらい面白い。これだから飛行機写真はやめられない。

160905_02

1/1000  F6.3  ISO160  Manual Exposure

ちっちゃこくて丸っこいT-4に戦闘機のような迫力はないし、欧州チームのように数で圧倒するわけでもないと。
ブルーズみたいな超密集編隊でブッ飛ぶわけでもなく、バーズのような力任せのマニューバーも殆どないわけです。
その中でも、アクロチームならではの迫力ある場面を見出すことは可能ではあるものの、非常に難しいと思いますね。

迫力云々にこだわりがあまりないほうが上手く写真にできるのかもしれませんけどね。ブルーのようなチームの場合は。

いずれにしても、ブルーを被写体にして写真的ブレークスルーを感じさせるのは本当に難しいと、そう思いますよ。
まぁ、それはブルーに限ったことではないかもしれませんが。延々と同じことを思って堂々巡り。やれやれです。

160905_03
1/1250  F8  ISO160  Manual Exposure

こんなコトは撮っている最中には考えちゃいませんが、遠征前にある程度考えを巡らせておくと面白いんですよ。
自分は何に反応するのか、どんな光やディテールに快感を覚えるのか等々。それを言語化してみるのも楽しいもんです。
もちろんブログに全部書いちゃうなんてアホなことはしませんけど。そういうことは一人でガバガバ酒飲みながらやる。
自分はアタマでっかちで理屈っぽいんでしょうけど、自分としては嫌いじゃないですね。スマートではないですが。
まぁ、方法論は異なれど誰しもそういったことは脳内でやっていると思いますけど。要は好きにしろと(笑)


160905_04
1/1000  F8  ISO200  Manual Exposure

< Nikon D7200, AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II, Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II, DxO OpticsPro 11.0.0 + Nikon Capture NX 2.4.7 W >


写真展のことを思い出しました。自分なりのまとめ的なことを書こうと思っていたんですが、ちょっと保留です。
あれこれ思うことは多いですが、その大半は極めて個人的な感覚なのかもしれないよね、と。多少感じています。
かといって、文字通り個人的なモノでしかないのか?といえば、そうでもない。全体を俯瞰する視点も確実にあったはず。

これはもう書き出すと止まらなくなりそうなので、今のところは保留することにしましたよ。封印はしませんけども。
ただ、航空機を被写体とした写真展ってのはそう多くはないので、そういう意味では何か書いたほうが良い気もします。
写真展ってのはこんな風に進めていって、いざやってみるとこんな感じなんだよね、とか。一例にすぎませんけども。
そこにはある種の満足感もありますし、その反対の感覚もあるわけです。それを書くのも悪くないと思っています。

書いたほうが良いと思った時、書きたいと思った時には書くかもしれません。書かないかもしれませんけど。


ここにきてやっといつもの調子が戻ってきました。リハビリやってる感もありますが。

小松のおかげですかね。やっぱり轟音に包まれながらシャッター切るのが好き。


ではまた。




関連記事

テーマ 航空機    ジャンル 写真



 

Comments

Edit
vapor_trailsさん、こんにちは、
展示会は大成功だったようですね。タイミングが合わず行けなかったのが残念です。
前号で展示会のお写真拝見しました。掲載頂いて感謝しています。
私の記憶にあるものが2点あり、なんかすっごく感激しておりますが
どれも個性的ですね。私は飽きないです。
小松の昨年の2点は、良くない天候を味方に付け、瞬間を捉えた作品ですね。
先日お聞きしたテーマを満喫しました。

今年の小松は私はいきませんが、また、vaporさんの作品楽しみにしています。
Edit
とちたけさん

こんばんは。毎度お世話様です。

おかげさまで、予想よりも多くの方々に来ていただけました。
本当にありがたく思っています。

自分の作品だけではありますが、一応撮影してみました。
あまりのヘタクソさにコケそうな感じですが…。

今回は自分としては思うところがかなりあったんですが、
これもひとつの経験として今後に生かそうと思っています。

小松はお天気が少々心配ですが、頑張って撮ってきます。
なんとかカタチになればいいんですけどね。

またお越しくださいませ!

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom