Vapor Trails

- Aviation Photolog -


21
Category: 百里 JASDF Hyakuri AB, RJAH   Tags: D7200  300mm_f/2.8G  TC-17E_II  TC-14E_II  GR  

2016年 百里基地航空祭 -No.3-

だいぶ時間が経ってしまいましたが、百里の続きを。今回で終わりです。

12月は新田原で撮って、シーズンの締めくくり的に色々なことを含めてゴチャゴチャ書くと、
ここ2年ぐらいはそんなことをやっていましたが、今年はニュータの代わりに百里です。

今年は航空祭以外で殆ど撮らなかったというのもあって、写真に関して書けることは
さほど多くない気もしますが、航空祭にはそれなりに行ったので、なんか書くかなと。

161220_01
1/1000  F8  ISO250  Manual Exposure

百里行きは直前までけっこう迷いましたが、結果的には行って良かったと思っています。
入間でシーズン終了という感覚は殆どないですからね。やはりその後にもう一発欲しいと。

前日の土曜日は朝4時起きだったので早く寝ようと思っていたものの、例によって荷造りをダラダラと。
おまけにBABYMETALの "LIVE AT WEMBLEY" を爆音で観ちゃったもんだからロクに寝られず…やれやれ。
土曜の朝は、ベビメタの爆音でまだ耳鳴りがしている状態でもって、更に至近距離でJ79がA/B全開(笑)
もうね、最高でしたよ。やっぱりオレはコレじゃないとダメなんだなぁって…心底思いましたね。

RF-4Eが03Lで上がってくれたのはラッキーでした。あれだけの至近距離で轟音浴びたのは本当に久しぶり。
あの凄まじい音圧と振動を全身で感じられただけで満足しちゃいましたよ。もう日曜はいいやと(笑)

161220_02

1/500  F8  ISO100  Aperture Priority AE  EV-0.3



161220_03
1/800  F8  ISO100  Manual Exposure

終日エンドにいたので、機動飛行はほぼ全滅でしたね。ちょこっとだけ撮れましたけど。
F-4EJ改が数回頭上をパスしてくれたので、至近でのバックショットやらも狙ってみたわけですが、
思ったようには撮れずに終了。以前より若干マシにはなったという感覚はありましたけども。

これは言うまでもなく数をこなさないとダメなわけですが、数打つだけでもダメなわけで。
まぁ、感覚的なモノは自分の中で形成されつつはあるので、そこが多少救いではありました。

今回はタキシング用に脚立を持参しましたが、高さが中途半端で。セノビーで良かった感じ。
基地内には持ち込み自体が禁止だったので、脚立は土曜日にホテルから宅急便で自宅へ発送。
遠征時には不要になったモノは出来るだけ持ち歩かなくて済むように。

161220_07
1/1250  F8  ISO160  Manual Exposure


161220_08
1/2000  F8  ISO100  Aperture Priority AE  EV-1.0

百里へは近所の飲み友達で最近やたらと航空祭へ行っているI氏と。
彼はニッコールの200-500を使っていますが、あのレンズはなかなか良さそうです。
ぶっちゃけサンニッパにテレコンってのも、実際のところ微妙な気もするんですよね。
サンニッパに現行の×1.7だとちょいと苦しいなと。レンズ単体との落差がありすぎて。
×1.7の新型が出たらちょっとわかりませんけど。早く出してほしいもんですよ。

レンズを追加するとしたら70-200 F4あたりかなと。
ただ、それさえも使うイメージがなかなか具体的には湧いてこないんですけども。
やっぱり地上展示機やタキシングあたりでしょうかね。効果的に使える場面というのは。
機動飛行やらの「飛びモノ」はやっぱり単焦点のほうが撮り易いんですよ。圧倒的に。
単焦点だと、選択肢が少ないが故に単に諦めがつくというだけのことかもしれませんが。

結局のところ、ズームだろうが単焦点だろうが同じだとは思いますね。
なぜ編隊を全部収めたのか?収めること自体が目的であればそれはそれで良いんですけど。
そうでないのであれば、収めた結果そこに何が現れるのか。問題はそこだと思うんですよね。
例えその場の本能的な感覚によるものであったとしても、それも自分のチョイスですから。

飲んだ時にたまにこんな話をするんですが、改めて考えてみるのも面白いもんです。
…まぁ、自分はそんなこと説明できるような撮り方はしちゃいませんけどね。

161220_06
1/1000  F8  ISO160  Manual Exposure


161220_04
1/1600  F8  ISO160  Manual Exposure

今回は土浦泊。土曜の夜はI氏と早い時間からおっぱじめて、結局2軒行っちゃいましたよ。
飲みだすと止まらないのは悪いクセです。セーブしたつもりでしたが…なんだかんだと飲みました。
土浦駅前はお店も多いので飲むには困らないですね。なかなか楽しい土曜の夜でありましたよ。
前日夜になってあれこれ考えたところで大差はないので、最近はもっぱら飲むだけ。

ひとりで過ごす機会もそれはそれで必要ですけどね。孤独というのはある程度必要ですよ。
結局のところ、色んな意味で写真なんてのはひとりで撮るもんだと自分は思っているので。
まぁ…航空祭の前日に一緒に飲んでワーワーやるのは皆そういう人達ですがね(笑)
だからこそ飲んで話をしても面白いわけです。

161220_05
1/160  F2.8  ISO1600  Aperture Priority AE  EV-0.7


161220_09
1/1250  F8  ISO160  Manual Exposure

久しぶりに百里で撮って思ったのは、やっぱりF-4だよなぁ…と。それですね(笑)
自分なんかはショートノーズのF-4NやF-4Jあたりの記憶があまりにも強烈すぎるせいか、
鼻の長いE型は不格好だなぁとか、ぶっちゃけ時々思っちゃうこともありますがね。

それでもやっぱりF-4は目にするだけでゾクゾクしますよ。たまらないですね。
タキシングでこっちに向かってくるだけで血行が良くなるというか。そんな感じで(笑)

被写体に魅力を感じているからといって上手く撮れるってこともないんですけどね。
せっかく飛んでくれてるのにちっとも撮れねーなぁ…と、そんな感じの百里でした。
技量もセンスも努力も行動力も、ぜーんぜん足りない。あとはユーモアの類も。
撮って仕上げてと、それがとにかく面白いってことに変わりはないですが。

しかしまぁ、これだけの勢力を維持している空自は凄いと思いますよ。本当に大したものです。
さすがに今の対戦闘機戦闘では不利な機体でしょうが、出来るだけ長く飛んでいて欲しい。

161220_10
1/1600  F8  ISO100  Manual Exposure

< Nikon D7200, AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II, Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II, Ai AF-S TELECONVERTER TC-14E II, RICOH GR, DxO OpticsPro 11.3.0 + Nikon Capture NX 2.4.7 W >


備忘録的にあれこれ書こうと考えてはいたものの、とりとめのないことばかり。
ブログで書くのをちょっとサボっていたせいか、なかなか手が動かんなぁと…。

今年も残すところあと僅か。年末は厚木で少し撮るつもりです。
ブログもできれば更新はしたいところです。ネタがないのは相変わらずですが。


今回はこのへんで…。



関連記事

テーマ 航空機    ジャンル 写真



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom