Vapor Trails

- Aviation Photolog -


28
Category: 百里 JASDF Hyakuri AB, RJAH   Tags: D300S  300mm_f/4D  TC-17E_II  

2012年 百里基地航空祭 -No.3-

今回の百里は自分なりに楽しんで撮ってくることが出来ました。久々にF-4の魅力も堪能出来ましたし。
肝心の写真は…案の定というかなんというか…「まぁ、こんなもんでしょ」的ないつもの感じではありましたが。
朝イチから何故かISO400で撮ってて午前中一杯気付かなかったとか(笑) 相変わらずの鈍感さに萎えましたよ。
でもって時折萎えながら仕上げた写真は Flickr にアップしました。もうちょっと撮れると良かったんですけど。

当日は土浦駅から常磐線始発で6時過ぎに羽鳥駅着。シャトルバスは全然混んでいませんでしたよ。
途中渋滞もなく、というか車自体あまり走っていなくてスムーズそのもの。40分弱で基地内シャトルバス乗り場に到着。
帰りはF-15の機動飛行終了直後に一目散に羽鳥駅行きバス乗り場に向かったわけですが、ここでも大した混雑は無し。
駅までの所要時間はこれまたきっちり40分。iPodでRUSHを聴きながらウトウトしていたらアっという間に着いちゃいました。
で、帰りも常磐線~日比谷線~東横線と殆ど一本に近い経路で乗り継ぎ、大した疲労もなく19時過ぎには帰宅。

今回はサンヨン+TC-17E Ⅱを試してみたので、ここではそのインプレッションを中心に書いてみようかと思います。

121028_01.jpg
1/1000  F8  ISO400  Manual Exposure

300mm f/4DとTC-17E Ⅱの組み合わせでは開放F値は6.7になるわけですが、結論から言うと「悪くない」という感じです。
ただし言うまでもなくF6.7はメーカーの動作保証外なわけですから、実際ストレスフリーでAFが使えるということはないですね。

今回はご覧の通りの雲ひとつない晴天でしたが、それでもAFにはかなり制限があるなぁ…というのが正直な感想。
遠距離で機影が小さい段階では殆ど合焦してくれないので、まずはその段階でMFでピントを送ってやる必要があります。
そうやって一旦AFを食いつかせてやれば、かなりの高速で目の前をパスしていく機体に対しても追従性は悪くないかなと。
ただ、雑な追い方で一度AFが抜けてしまうとその機動に関してはほぼ完全にアウト。なのでリズム感を維持しつつ丁寧に…。

121028_02.jpg
1/1000  F10  ISO200  Manual Exposure

今回は「久しぶりの百里で素直に機動飛行を追ってみようよ」というのが出戻りヒコーキ写真屋なりの小さなテーマでした。
AFについては3Dトラッキング等で51点をフルに使うのには無理があるので、中央部9点で堅実に撮ってみることにしました。
…が、午前中のF-15の機動飛行では大失敗。開始直後にAFが完全にアウトになり、MFを併用してみてもダメで結局殆ど撮れず。
それ以降のプログラムではなんとか元に戻りましたが…やっぱりちょっとでも気を抜くとダメ。コレだと曇天ではアウトでしょうね。

焦点距離に関しては、エプロンからにしても外周からにしてもやっぱりこれぐらいが一番撮り易いんだろうな~という感じ。
F-4EJ改の21L上がりで
は立ち位置を調整して狙いましたが、目の前での引き起こしをほぼフレーム一杯に撮れましたよ。
ピトー管が左上隅ギリギリだったので尾部もそれに合わせてトリミングはしましたが、それでもごく僅かで済みましたね。
画質はTC-14 Ⅱでトリミングのほうが良いという向きもあるようですが、やっぱりトリミングは出来るだけしたくないですよ。

しかし…やっぱりF-4を見ちゃうとダメすなぁ…どうにもあれこれとオッサン的な思い出やら感傷やらに支配されちゃって。
別に久々に百里で撮ったからといって過剰な感傷に浸ることもないとも思いますがね。まぁ、要するに「F-4はイイ」と(笑)

121028_03.jpg
1/1250  F8  ISO400  Manual Exposure

ピント合わせに関しては多少のコツと経験を要するとは思いますが、17の描写力については悪くないなと。
あくまでパっと見の大雑把な印象でしかありませんが、
TC-14E Ⅱとの差は殆ど無視できるレベルではないかと思いますね。
これは光学性能自体はTC-17E Ⅱの方が上かなぁ?と。個人的にはTC-17E Ⅱのほうが好印象です。悪くないですよ。

121028_04.jpg
1/1250  F8  ISO400  Manual Exposure

このサンヨンTC-17E Ⅱのコンビ、自分としては今後も出来るだけ使ってみたいと思えるモノでした。
言うまでもなくコイツには晴天下限定という足枷があるわけですが、そこを充分認識した上でなら使う価値はありますね。

が、これを誰にでもおススメするかというと…う~ん…ちょっと厳しいです。安上がりでポテンシャルもそこそこですが。
無理してでも資金を用意出来るなら迷わずサンニッパを入手したほうがいいです。これは当たり前っちゃ当たり前ですけど。

AFの制約はもちろんのこと、サンヨンにはVRもなければナノクリもないわけなので、そこらをどう捉えるかですね。
ニッコールサンヨンというレンズにそれほど思い入れがなければ無理に試す必要のあるシステムではないとも思います。
ただ、そういう制約の中、このシンプルなレンズでもって自分なりにヒコーキ写真を楽しもう!的な人にとってはアリかと。
機材面でストレスフリーというのは理想的でラクチンな世界かもしれませんが、そうではない世界もまた楽しいモノです。

で、来週は毎年楽しみにしているお馴染みの入間。お天気が良ければ今回同様TC-17E Ⅱを試してみようかと。
ブルーはエプロンからやみくもに撮っても金太郎飴になっちゃうので、出来れば外周で狙いたいんですけどねぇ。
予行に行ければ一番いいんですが。そこらはまだちょっと考えています。どうしましょうかね…。

とまぁ、細かいことはともかく一年ぶりのブルーは実に楽しみであります。今年はF-2F-15も飛ぶようですし。

去年の113日はドン曇りで最悪のコンディション。少々悔しい思いをしました。今年は晴れて欲しいものです。



121028_05.jpg
1/2500  F16  ISO400  Aperture Priority A< Nikon D300S with MB-D10, Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED, Ai AF-S TELECONVERTER TC-17E II, Nikon Capture NX 2 >



Detect language » Hungarian

Szeretné, hogy emelje fel a karját, és Ali repülőgép fotók, gondolok, ha a.
Detect language » Hungarian
Azt hiszem,
Detect language » Hungarian
Detect language » Hungarian
Kiválasztás
Detect language » Hungarian
Detect language » Hungarian
.
Detect language » Hungarian
Detect language » Hungarian
Detect language » Hungarian
.
Detect language » Hungarian
Én kialakított saját.
Detect language » Hungar
Utasítás
főnév utasítás,kézikönyv,szabályzat,klaviatúra,előírás
melléknév kézi,kézzel végzett
Detect language » Hungarian
Detect language » Hungarian
Detect language » Hungarian
.
Detect language » Hungarian
,
Detect language » Hungarian
Túl hosszú szöveg!
Detect language » Hungarian
Detect language » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
言語を検出 » Hungarian
関連記事

テーマ 航空機    ジャンル 写真



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom